2017年10月19日

日本いけばな芸術四国展 NO5

遅れ遅れで、日記にはならないけれどもうやだ〜(悲しい顔)わーい(嬉しい顔)

ぴかぴか(新しい)日本いけばな芸術四国展 NO5ぴかぴか(新しい)

  <高松市立玉藻公園>

日本いけばな芸術四国展の最終日(10月10日火曜日)のことかわいい

朝、手直しをしたら夕方の撤花まで することがないふらふら

暑い晴れなんという暑さ晴れ晴れ

(10日ほどで、この寒暖差グッド(上向き矢印)バッド(下向き矢印)はあり得ないと思う今日この頃。)

ひらめきそうだexclamation船があった。和船に乗って時間つぶしと暑さしのぎをすることにした。手(チョキ)

玉藻公園(高松城跡地)の和船「玉藻丸」にH先生と乗船

傘に法被スタイルになった。

DSC_7702.jpg

お魚の餌付き(海の魚の真鯛や黒鯛)

DSC_7706.jpg

この船についていけば餌にありつけると

DSC_7690.jpg

真や黒鯛が、わんさか寄ってきて和船と並走

DSC_7704.jpg

餌をあげたら、餌の争奪戦の凄まじいことがく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)わーい(嬉しい顔)

勿論、ガイド付きで30分の乗船でした。るんるんるんるん

特に石垣の話は面白かった。手(チョキ)

DSC_7689.jpg

たしかexclamation&question

「水戸黄門」のTVドラマで、

讃岐高松藩主の頼常(光圀の長男)が

水戸光圀公が高松城に来たとき

「御父上様」と呼んでいたように思う。わーい(嬉しい顔)

それで 飛雲閣の屋根瓦が三つ葉葵exclamation×2

納得した。わーい(嬉しい顔)

※1642年(寛永19年)松平頼重が

東讃岐12万石領主として入城。

松平頼重は、徳川家康の孫で、光圀の兄にあたる

松平氏の治世は11代228年にわたった。

現在の玉藻公園の面積は約2万4千坪で、当時と比較すると

8分の1ほどとか。

高松城は、彦根城と姉妹城縁組していますが

11代藩主の奥方が彦根藩主であった井伊直弼の次女

千代姫が輿入れしている縁からとか。

松平5代藩主頼恭は、平賀源内に薬草園を作らせた。

此の薬草園が栗林荘(栗林公園)

製糖技術を学ばせて白糖の製造にも着手し

讃岐三白一つの讃岐和三盆ができ、

9代目藩主は坂出の浜に日本最大級の塩田を開発。


少しでも、高松城のことを勉強してから行けば

もっと有意義だったのにと少し後悔。

日いけの会期中(8日日曜日)

手直しの後、前回のリベンジを果たそうと

同じチェーン店のうどん屋さんへ行った。

DSC_7667.jpg

朝食は、しっかり食べていたけれど

早く行かないと、なくなる「高野豆腐の天ぷら」

前回は11時10分に行ったのに

もうなかった。

今回は、10時過ぎ

無かった

お店の片に、「高野豆腐の天ぷらはないのでしょうか」

と聞いたら

「待ってもらえれば、揚げますよ」

とのこと

勿論待った。

おうどんは「小のかけうどん」200円

天かす・ネギ・昆布・スダチは無料のトッピング

したがってこれで200円。


DSC_7668.jpg


しばらくして、念願の高野豆腐の天ぷらがきた。

DSC_7669.jpg

かなり硬めの衣だった

食べてみたわーい(嬉しい顔)

DSC_7670.jpg


自宅で作れる手(チョキ)手(チョキ)


posted by まぁみちゃん at 21:12| Comment(0) | 日記

2017年10月15日

日本いけばな芸術四国展 NO4

ぴかぴか(新しい)創立50周年記念日本いけばな芸術四国展ぴかぴか(新しい)

ご来場者の方等の皆でいける大作かわいい

池坊専好様も一輪かわいい

DSC_7664.jpg

後期の開会式(7日)

 カラオケ粕谷理事長(一葉式いけ花の三代目家元)のご挨拶
(私の向かって左隣にいけられた方、
 大きな鶏頭とノイバラとオクロレウカの作品)
 穏やかに話される、素敵な宗匠でした。ぴかぴか(新しい)

DSC_7687.jpg

池坊専好副会長・知事・市長さんによるテープカット

DSC_7660.jpg

創立50周年記念日本いけばな芸術四国展のポスターの

ぴかぴか(新しい)最優秀賞および優秀賞のかたの表彰式

DSC_7658.jpg


実は、サンポートでのテープカットの少し前

専好様と雑談をしていた。わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

創立50周年記念のお祝いの花をいけたとわーい(嬉しい顔)

生け花の世界は、右肩下がりが現実バッド(下向き矢印)もうやだ〜(悲しい顔)

右肩上がりになりますようにグッド(上向き矢印)るんるんるんるん

との、揺れるハート願を込めて、パームボートを右肩上がりにした。グッド(上向き矢印)手(チョキ)

その事をひらめき覚えておられ、共に巡視さていた方に

この作品は、日生けのお祝いの花で、

いけばなの世界も右肩上がりになるようにいけられたのだと

素敵な笑顔と、可愛らしい透きとおるような声で、話されていた。ぴかぴか(新しい)

それにしても年齢を重ねると声が低くなるというけれど

お若いときの可愛らしい声のまま。exclamation×2ぴかぴか(新しい)

一緒にいた はじめて由紀様(専好様)を見た人が言った。

「なんと かわいらしい声ハートたち(複数ハート)

顔は松坂慶子の雰囲気が・・・ぴかぴか(新しい)

ぴかぴか(新しい)池坊専好様ぴかぴか(新しい)の御巡視目目


DSC_7675.jpg

DSC_7677.jpg

DSC_7676.jpg

いけ込み風景

DSC_7629.jpg

草月流のお家元(四代目家元 勅使河原茜様の作品


DSC_7600.jpg

※ちなみに池坊は専永宗匠で45世
 専好次期お家元(由紀様)は46世となられる。
 いけばな界では、最大にして最古の池坊の伝統の深さを感じた。


DSC_7605.jpg

DSC_7599.jpg

DSC_7602.jpg

posted by まぁみちゃん at 11:50| Comment(0) | 日記

2017年10月14日

日本いけばな芸術四国展 NO3

日本いけばな芸術四国展 NO3


赤く染められている先がとんがっているものは何なのかexclamation&question

どうやって、固定しているのかexclamation&question

いけ込の時から大勢の方に聞かれた。耳耳

DSC_7364.jpg

それはねわーい(嬉しい顔)

ヤシの木の途中にできる 俗に「ヤシの船」と呼ばれる

巨大な「パームボート」です。わーい(嬉しい顔)

※通常は、この半分にも満たない大きさです。

元は茶色なので、おそらく漂白して白に

そして、着色しているのだろう。わーい(嬉しい顔)

5〜6年前だろうか、

大作があたった時に使えるかもexclamation&questionと買っていたものだ。手(チョキ)手(チョキ)

今回日いけで、日の目を見た。ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

四方正面の花をいけるように要項に書かれていた。

たいした花器も持っていないしバッド(下向き矢印)

腕もないけれどバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)もうやだ〜(悲しい顔)

それなりに頑張った。わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

花器に入れて固定するのも一苦労。もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)

DSC_7341 - コピー.jpg

DSC_7344.jpg

3〜4時間位でできるだろうと軽く考えていたけれど

DSC_7345.jpg

DSC_7349.jpg

これでとまるかなと思っても、数分で前へ倒れてくるもうやだ〜(悲しい顔)がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)

固定できてもかなり前方に出しているのでアンバランス。

花器も一緒に前に倒れてくる。がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)ふらふら

沢山の鉛を使って固定した。手(チョキ)

※鉛が水につかると花材には良くない。

 10個の鉛を破れたときのことも考慮して

「ジブロック」3枚に入れ、これを5個作って使用した。exclamation×2

試行錯誤の末、やっと安定。るんるんるんるん

裏面の仕事が丸見え目目パンチ

苔シートと水苔で隠した。手(チョキ)わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

DSC_7354.jpg

DSC_7350.jpg

DSC_7353.jpg

一日を要した。exclamation×2晴れ夜

誰かにしてもらえば、楽かもしれないけれどわーい(嬉しい顔)

今後の為には自分で悪戦苦闘してひらめきふらふらるんるんもうやだ〜(悲しい顔)

自分の引き出しを増やす方がいいに決まっている。exclamation×2

2週間ほどかわいい稽古場に置き、倒れてこないかをみていた。目目

花材は、4日(水曜日)にシベリアの硬いつぼみが入荷。かわいい
※いけ込は7日(土曜日)

アンスリュームの白や赤は入荷なし。がく〜(落胆した顔)もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)バッド(下向き矢印)

あきらめて失恋薔薇の白と赤を頼んだけれどこれまた入荷なし。がく〜(落胆した顔)もうやだ〜(悲しい顔)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)

失恋失恋あきらめていたけれど、生け込み前日の金曜日にすべて入荷。exclamation×2

全部買い取った。わーい(嬉しい顔)

岡山の市では入荷がなかった花材もうやだ〜(悲しい顔)

東京や大阪・京都の市の入荷状況を見てくれた花屋さんに感謝exclamation感謝exclamation×2黒ハート

硬いつぼみのバラを、一晩でふかした。夜

一畳ほどのラドンルームにいれて、加湿と温度を調節。

二時間おきに止めたりつけたり。

ぐっすり寝られなかったけれど

ゆるんでくれた。

シベリアも、開きだした。グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)


DSC_7575.jpg

DSC_7597.jpg


少し開きかけの輪は、手開きをして何とか開花させた。手(チョキ)手(チョキ)

フトイを100本ほど使い線に、パームボートが面わーい(嬉しい顔)

そして、ぴかぴか(新しい)日いけ50周年ぴかぴか(新しい)のお祝いの花にしようと

紅白のバラとアンスリュームを少しだけ入れようと考えていた。ひらめきひらめき

ぶっつけ本番。exclamation×2

会場に行ってフトイを当ててみたら全くあわなかった。がく〜(落胆した顔)もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)バッド(下向き矢印)

DSC_7692.jpg

やめる勇気exclamation×2(使わない)も大事。わーい(嬉しい顔)

使わないことに決めた。exclamation×2

下段は殆どを花で埋めた。かわいいかわいい

とりあえず、四方正面の作品が完成した。

DSC_7632.jpg

DSC_7683.jpg

DSC_7684.jpg

よく気が付きひらめき手際のいいぴかぴか(新しい)Oさんのお手伝いのおかげでグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

出来はともかく、早々といけ込が終わりるんるんるんるん

いけ込み風景を見て回るゆとりもあった。目目

カメラ会場が外からの光が入り、逆光になってしまいます。もうやだ〜(悲しい顔)

見にくいとは思いますが・・・もうやだ〜(悲しい顔)

ぴかぴか(新しい)Oさんへぴかぴか(新しい)

披雲閣は、搬入時の台車も使用不可exclamation×2もうやだ〜(悲しい顔)

全て手(パー)手提げで、一緒に駐車場から運び込んだ。足足足足

あの、駐車場に車(RV)車をとめること一つとっても

多くの経験ができたと思います。わーい(嬉しい顔)

生け花の先生になる過程として、多くの経験は強みです。手(チョキ)

少々のことでは動じない図太さもexclamationわーい(嬉しい顔)兼ね備えて欲しいと思います。揺れるハート

細やかな神経を使うこともexclamation大胆にいけることもexclamation×2

せっかく揃えた花材を使わない勇気もexclamation失恋

お手伝いご苦労様でした。わーい(嬉しい顔)

そして揺れるハートありがとうございましたキスマークキスマーク
posted by まぁみちゃん at 18:02| Comment(0) | 日記