2019年11月14日

裸の大将 下津井編

「裸の大将」は芦屋雁之助さん演じる

日本のゴッホと呼ばれた山下清さんの放浪記わーい(嬉しい顔)

下津井を舞台にいにしているテレビドラマを偶然見た目目

昔の下津井の漁村風景に下津井電鉄、

縫製工場、造り酒屋さんなどがTV映っていた。

昔の十八盛り酒造

DSC_8383.jpg

縫製工場も映されていた

どこなんだろうexclamation&questionと興味津々目目

わかる方にわかるexclamation×2

背景の山でね目

昔の尾崎商事

DSC_8380.jpg

とっても見えにくいけどがく〜(落胆した顔)

制服にローマ字で会社の名前が書いてあった。

DSC_8386.jpg

OZAKI 

尾崎商事 カンコー学生服だぴかぴか(新しい)


DSC_8379.jpg

DSC_8395.jpg

そして広東料理店の備前焼にいけられた花

ソルボンヌという大輪の百合そっくりな花が

赤電話の横にいけられていた。かわいい
かなりの高級店でないと無理だろうわーい(嬉しい顔)

DSC_8384.jpg

児島にそんなぴかぴか(新しい)高級店ぴかぴか(新しい)があったのかexclamation&questionexclamation&question

びっくりしたのが目目目

下津井電鉄  下電だexclamation

昔、家我が家のすぐ裏を下電が通っていた。

今は、自転車道になっている。

稗田駅で下車したら、近道を歩いて帰っていた。

近道とは手(チョキ)

山下清さんと同じく

線路を歩いて帰っていたけど足
足
今思うと、考えられないがく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)

DSC_8381.jpg

緑色の下電なんて見たことがないexclamation&questionexclamation&question

DSC_8393.jpg


ネットで調べたら

存在した目目

クハ24+モハ103 フジカラー号

DSC_8394.jpg

ちょっとここで 雑学を・・・・。わーい(嬉しい顔)

続きは次回にわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)
posted by まぁみちゃん at 21:32| Comment(0) | 日記

2019年11月12日

朝食

晴れ我が家の朝食は

ご飯・パン 無しの生活に慣れてきて

半年が過ぎたexclamation×2

DSC_7351.jpg

DSC_8203.jpg

DSC_7420.jpg

DSC_7423.jpg

DSC_7524.jpg

DSC_7525.jpg

DSC_7450.jpg

DSC_8378.jpg

DSC_8376.jpg

DSC_8377.jpg

DSC_7318.jpg

DSC_8374.jpg

DSC_8231.jpg

DSC_8230.jpg

ご飯を食べないので

おかずをしっかり取るようになったexclamation×2手(チョキ)

最初の頃は面倒だったけれど

すっかり慣れたるんるんるんるん

から揚げや豚カツは食べている

ただし、野菜を先に食べてからレストラン

しかし、糖質制限をしているとはいえ

ご飯・パン・うどんは1か月に一度程度は食べるレストラン

焼きそばや、そうめん・パスタも時々は食べるレストラン

蕎麦はよく食べるexclamation×2わーい(嬉しい顔)

新米の季節到来で、新米の炊きたてをぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

おにぎりにして食べるのは黒ハート日本人冥利につきるので

食べないわけにはいかないわーい(嬉しい顔)

子供の頃から秋には松茸料理を

来る日も来る日も食べさされていた母

松茸は大好き母の為に
(と、いうことにしておこう)わーい(嬉しい顔)

なけなしのお金をはたいて

松茸を買った時など

DSC_8198.jpg

私も、松茸ごはんご飯はしっかり食べる手(チョキ)

美味しいチャンジャが手に入った時

鳥そぼろや、ひじきご飯

頑張って巻きずしやキツネ寿司を作った時など

ごはん食べるわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

体重も減ってきたけど手(チョキ)

とにかく、身体が軽いるんるんるんるん

朝、こんなに作っている時間はないもうやだ〜(悲しい顔)

夕食の準備と同時進行して作っている。手(チョキ)

頑張ってはいるものの

まだお腹周りが・・・・がく〜(落胆した顔)

まあ急激なダイエットは皺が増える

ほどほどのダイエットというよりは

食生活の見直しかな

20代は 食べなきゃ痩せるexclamation

30代は 食べなくても痩せないexclamation×2

40代は 食べなくても太るもうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)

どこかで聞いたような・・・耳耳わーい(嬉しい顔)

ひらめきシルバー川柳にあったっけ

胸よりも

前に出るなと

腹にいいわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)


ちなみに、99歳の母は

このおかずはほとんど完食してその上

小さなお茶碗でご飯もたべている。わーい(嬉しい顔)

大腿骨頸部骨折で病院入院し

リハビリを経て家退院したころは

食用が無くバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)

栄養補助食品が必要だったけれど

今は、必要なくなった手(チョキ)手(チョキ)

まあ、少しずついろんなおかずがあれば

あれもこれも食べてみようかと

箸をつけてくれるとおもい

頑張ったのと

私達のダイエットと両方で

続いているのだと思う。

揺れるハート

posted by まぁみちゃん at 17:14| Comment(0) | 日記

2019年11月05日

「菊」NO2

10月24日の「菊」の続きです手(チョキ)

菊の花といえばひらめき

仏様に供える花だと思う方も多いと思うわーい(嬉しい顔)

お墓や仏壇にお供えする花は、

生きている花が基本。

すぐに枯れてしまう花だと

毎日のようにとり換えるのが面倒。

菊はとっても長持ちするのでるんるんるんるん

古くからお供え用の花として使われてきたのです。

菊を見ると目

「仏さまの花じゃがー」がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)

なんて、少し見下した言い方をする方もある。もうやだ〜(悲しい顔)

「菊」は、仏様にでさえ供えることが出来る花なのです。わーい(嬉しい顔)

菊の花は、その高貴な花姿と

気高い香りで邪気を払うといわれています。グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)ぴかぴか(新しい)

平安時代から、宮中の厄を払うために

菊の花が用いられていたといわれています。

菊の花は、風水では健康運をアップさせるグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

といわれています。

菊の節句に(旧暦9月9日)に

枕カバーに菊の花弁を忍ばせて眠ると、

体の中の厄を払ってくれるらしいです。わーい(嬉しい顔)

菊の花言葉は、「高貴」「高潔」「高尚」

皇室で菊を紋章に用いたのは、

後鳥羽上皇(1183〜1198)が最初といわれています。

後鳥羽上皇は御印として衣服や調度品に菊の文様をつけるほど

その後、歴代の天皇がお印として

菊の文様を継承したことで、

菊花紋章(十六八重表菊)が皇室の紋となったのです。

このお花

先々週に入荷したもので

「嵯峨菊」です

DSC_8211.jpg

嵯峨天皇さまがこよなく揺れるハート揺れるハート愛でられたと伝わるもので、

大覚寺の位置する京都の北嵯峨地方の気候風土でしか

美しく調うことが出来ないと言われています。わーい(嬉しい顔)

約700鉢の門外不出の嵯峨菊は、ここでしか出会えません。

機会があればぜひとも・・・目目

今週は嵯峨菊のような

「和菊」の時雨という名前の菊が入荷しています。

DSC_8368.jpg

posted by まぁみちゃん at 20:50| Comment(0) | いけばなのお勉強