2014年12月18日

<お花の先生への足跡 NO1>

遠い昔わーい(嬉しい顔)

ある流派の花を稽古していた。かわいい

先生は見本の花をいけてくれている。かわいい
同じようにいければいい手(チョキ)

ところが

今 考えるとわーい(嬉しい顔) 
「自分の世界」に入ってしまう性格だったような私。わーい(嬉しい顔)

かわいい花材をじっと 目見つめていると
自分の世界に入ってしまうのだろうハートたち(複数ハート)

この枝は、こっちに倒したほうがいいわーい(嬉しい顔)
この花は、高くしたほうが・・・わーい(嬉しい顔)

先生のいけた花なんか、ちっとも見ていなかった!わーい(嬉しい顔)

勿論わーい(嬉しい顔)
先生とは全く違ういけかたをしていた。わーい(嬉しい顔)
かわいい※生花ではなく自由花と呼ばれる盛花だった。かわいい

「何度言ったらわかるの!」パンチ
「お手本をよく見なさい!」パンチ
「貴女は、どこに目をつけているの!」パンチ
「他の人は、お手本のとおりにいけているのに!」パンチ
「そんなに斜めに差していないでしょ!」パンチ

さんざん私だけ怒られた。パンチパンチパンチもうやだ〜(悲しい顔)

それならばとひらめき

お手本そっくりにかわいい
この花はこの高さ、この木はこのくらいの角度で横に・・・目

とりあえず
よく見て同じようにしてみた。手(チョキ)

先生
「やれば できるじゃない」グッド(上向き矢印)

全然面白くなかった。バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)
何が面白くてこんなことをしなければならないのか・・・バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)もうやだ〜(悲しい顔)

いけて帰ってもダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)
バケツの中で花は枯れていった。かわいいバッド(下向き矢印)
家に帰ってまでいけたくなかったから。もうやだ〜(悲しい顔)
花なんか嫌いだ。exclamation×2exclamation×2

「一度稽古事を始めたら、途中でやめたくなってもずっと続けなさい。
続けることが大切」
やめたくなり、話をするといつも
呪文のように同じ答えが返って来た。もうやだ〜(悲しい顔)

もう限界だった。爆弾爆弾
他にたくさんの稽古事をさせられていた。
小学校から帰るのが遅くなると(わざとるんるん遊びながら帰っっていた。るんるん
運転手さんが学校まで迎えに来た。車(セダン)ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)
当時 車の交通量は極めて少なかった。

※子供のころは、道路は子供の遊び場だった。
「ケンケン パ!」なんて石を転がして遊んでいたものだ。カラオケカラオケ
「ブウー演劇車(セダン) とか ピイー演劇車(セダン)」とか
運転手さんが車を止め ホーンを鳴らす。
やっと気が付き

おもむろに石を取り上げて
車が通れるように 横によけた。
また、道路であそんだものだ。手(チョキ)手(チョキ)


※もっと小さい頃は、
我が家の前の道路で(今はものすごい交通量)
車の影踏みをして遊んでいた。
数が数えられるようになった時には、
一つ・二つ・・・
時々通る車を数えて遊んだものだ



当然、前からくる、我が家の車車(セダン)ダッシュ(走り出すさま)はすぐに気が付いた。

もちろん

その辺の家家の影に隠れて車(セダン)ダッシュ(走り出すさま)車が通り過ぎるのを待った。手(チョキ)
運転手さんは、同じ制服ブティックブティックブティックを着ている生徒の一人が
私だとは気が付きにくい。手(チョキ)

学校へ迎えに行って車(セダン)ダッシュ(走り出すさま)
下駄箱を確かめると目
運動靴くつくつが・・・
「ない」exclamation×2

当然、車は引き返す車(セダン)ダッシュ(走り出すさま)
後ろからの車には、気が付かなかった。もうやだ〜(悲しい顔)

パンチ捕まった。exclamation×2もうやだ〜(悲しい顔)


とうとう限界がきた。ちっ(怒った顔)

かわいいお花の稽古を辞めたいと母に告げた。
「女の子でしょ!いけばなくらいは出来ないでどうするの」
「お嫁さんの貰い手がないよ。」

その言葉にちっ(怒った顔)
「いけばなが出来ないから結婚しないというような人とは結婚しないもん。」
と反論した。わーい(嬉しい顔)
(親に歯向かうことなどほとんどなかったと思うが、
このことだけは今も鮮明に覚えている)

大正生まれの母にとって「いけばな」は常識だったのだろう。

そして・・・

私が、勝った。手(チョキ)わーい(嬉しい顔)

かわいいいけばなは

当然やめた。手(チョキ)

ところが

母にも根性があったexclamation×2

今度は池坊の先生を自宅に招き家手(パー)
ご近所の方を誘ってかわいいいけばなの教室かわいいの場所を提供した。

私が学校から帰ってくるくつくつ時間に合わせて!時計

流派は池坊。
「お帰り」
「ちょっとこっちへ来て見るだけ見れば・・・」かわいい
「はい・・・」バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)
いやいやながら返事をした。

そのうち
私の花材が、用意されるようになった。
母が育てている花や父が山からとってくる木だった。

見よう見まねで目目
適当にいけた。手(チョキ)
全部抜いて いけ替えられた。がく〜(落胆した顔)

凄い!exclamation×2グッド(上向き矢印)
カッコいい!exclamation×2グッド(上向き矢印)
と思った。揺れるハート揺れるハート

ひらめき気が付いたら
いけばなの稽古を始めていた。かわいい


※数十年後
 諸流(色々な流派)の花展でのこと
当時かわいい稽古をしてもらっていた
ある流派の先生にお会いした。わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)
私のことを
「前田先生」がく〜(落胆した顔)と呼んだ。
「ご立派になられて!」がく〜(落胆した顔)
と敬語で言われた。
ご高齢の流派の違う先生にexclamation×2
ビックリした。目

その時、その先生のかわいい作品を拝見した。

先生でこんなに違うものかと思った。
あの時にやめていてよかった。
続けていたなら
いけばなの先生には、なっていなかったと確信した。
(申し訳ありません。)

池坊の花に出逢えて良かった。
池坊の師匠と池坊の素晴らしさに
感謝!感謝!
 
私は今、池坊の先生になっている。

  
     〜続きはまた〜

きょうは写真がないので、
出番を待つ花たちの一部を紹介しますね。

かわいいもう スイトピーが・・>


CIMG1426.jpg

かわいい大人色のバラ デザート>


CIMG1427.jpg


かわいいチューリップ かわいい>


CIMG1428.jpg
 

かわいいバーゼリアとコットンフラワー>


CIMG1431.jpg

かわいいとっても長持ち グリーンアロー>


CIMG1430.jpg


かわいい銀色に染められた アプライト>


CIMG1433.jpg


かわいいリビストニアの作り物>


CIMG1429.jpg

誰がどんなふうに 使うのかしらわーい(嬉しい顔)るんるん

今日の稽古は3時から

もうすぐお弟子さんが来られる足足

楽しみるんるん楽しみるんるん

















posted by まぁみちゃん at 15:39| Comment(0) | 走馬灯