2014年12月20日

<お花の先生への足跡 NO3>

ある日
 私は、先生から
「八坂神社」(京都)に、かわいいいけに行ってみませんか?と言われた

 バス代がかかる。バスダッシュ(走り出すさま)歩いていくにはちょっと遠い。くつくつー(長音記号1)

その些細なバスバス代も学生にとっては、余分な出費に他ならないもうやだ〜(悲しい顔)
断ろうと思った。
毎週往復しなければならないしバス代が惜しい。もうやだ〜(悲しい顔)

日記のように本
毎週2〜3通も書かなければならない自宅への手紙。バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)
書くことを探す日々

「八坂神社」へかわいい花をいけに行ってほしいと打診があったことを書いた。

電話電話がかかって来た。
バスバス代くらいは余分に仕送りするから、行きなさい」と。

両親からアルバイトを禁止されていたので・・・バッド(下向き矢印)
仕送りが増えるのは嬉しかった。わーい(嬉しい顔)るんるんるんるん

行くことになった。かわいい

目はじめて目にした社務所の奥にある書院造りの本格的な床の間。目
本本でしか見たことがなかった・・・

ぴかぴか(新しい)凄いexclamation×2ハートたち(複数ハート)
ここにいけられるんだ揺れるハート揺れるハート
ちょっと、興奮した。グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
緊張の中 かわいいいけこみは終わった。
充実感があった。手(チョキ)

かわいいいけ終わると
巫女さんが、お抹茶を出してくれた。るんるん
茶菓子とお抹茶をいただけるなら
バスバス代くらいは、まあいいかな!わーい(嬉しい顔)
と思った。

ある日 いつものように
八坂神社の社務所に
かわいい桃の花の生花をいけた。
お抹茶をいただいた。手(チョキ)

その時

歴代の宮司様の奥様が
婚礼の時に持ってこられたぴかぴか(新しい)お雛様が飾られていると教えてくれた。

「ご覧になりますか?」わーい(嬉しい顔)
「はい。お願いいたします。」るんるん

案内された。ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)

部屋数がどれだけあったのか記憶は定かではないが・・・exclamation&question
目見たこともない素晴らしいぴかぴか(新しい)お雛様を次々と見せてくれた。
(今でも記憶している。私が知るものとは別格だった。ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

卒業間際いす
いけるものこれで最後という日かわいい
鈴木宮司さんの直筆の絵(祇園祭の鉾が書いてあった)と書をくれた。ハートたち(複数ハート)

そして

ムード「もしも、京都に来られてお困りのことがあったら
訊ねて着てください。お泊めすることもできます。
結婚式をされるなら、八坂神社で無料でさせていただきます。
名前を残しておきますので、いつでもどうぞ」ムード

と 言ってくれた。手(チョキ)手(チョキ)

今 思うと
ぴかぴか(新しい)凄いところで いけさせてもらっていたのだと。
バスス代を倹約したかったなんて
なんともったいないことを思ったのか。わーい(嬉しい顔)
(これを若気の至りというのか!)わーい(嬉しい顔)

八坂神社を見ると


yjimage5ZF69ALB.jpg


yjimageGCS7T9Z4.jpg


今でも思い出す。
巫女さんが点ててくれたお抹茶とお菓子の味。

ぴかぴか(新しい)お雛様・・・

その時代によって違う顔や衣装、お道具の数々。

私で何代目?か知らなかったけれど

今でも学生の一人がいけに行っていてほしいと思う。

池坊の花を!!

※池坊の花
 池坊の花は引き算の花
 究極まで 引いて 引いて・・・
 他流派やアレンジは 足し算だと思っている。

    
     余白の美

  
   あまりにも 美しすぎる


<専応口伝>

一 塀に花をさすこと 古
より有と聞き侍れど
 それは 美しき花のみ賞して 草木の風況をも 
わきまえず たださし生けたるばかりなり
此の一流は 野山水辺おのづからなる姿を
居上にあらはし、花葉をかざり、
よろしき面影をもととして 先祖さし始まりしより
以来、世にひろまりて、今に都鄙のもてあそびとなれる也

        (中略)

たた 小水尺樹をもって江山数程の勝概をあらわし
暫時頃尅の間に千変万化の佳輿をもよおす
宛 千家の妙術といいつべし

        (後略)

※二十八世池坊専応(大巻伝)より

 この言葉は 国宝になっています


今日も、写真がないので
京都八坂神社の ほど近く
禊川(みそぎがわ)の ディナーの写真でも・・レストラン揺れるハート

〖京都 先斗町(ぽんとちょう)三条下る〗
京都らしく フレンチを箸でいただく
和食とフレンチの良いとこどりのような フレンチ
カメラ写真ですが
ご堪能くださいるんるんわーい(嬉しい顔)

DSC_0756.jpg

DSC_0760.jpg

DSC_0762.jpg

DSC_0763.jpg

DSC_0765.jpg

DSC_0767.jpg

DSC_0770.jpg

DSC_0768.jpg

DSC_0772.jpg

DSC_0777.jpg

DSC_0779.jpg

DSC_0783.jpg

DSC_0784.jpg

ごちそうさまでした揺れるハート

見とれるような 美しさぴかぴか(新しい)

素材の持つ 香りや色ぴかぴか(新しい)

大切に大切に揺れるハート

ぴかぴか(新しい)芸術品だと思うぴかぴか(新しい)


頑張っているダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)日ごろの自分への

揺れるハートご褒美揺れるハートよね手(チョキ)



言い訳をしながらわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

お弟子さんと二人でいただきました。レストランわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)
















posted by まぁみちゃん at 09:09| Comment(0) | 走馬灯