2015年02月19日

池坊中央研修学院

<梅一輪一輪ほどの暖かさ>晴れ

我が家の「枝垂れ梅」かわいい
通常の梅より
枝垂れ梅は、遅くに開花するかわいい

咲いたexclamation×2
まさに
かわいい「梅一輪一輪ほどの暖かさ」かわいい

江戸時代の俳人で、松尾芭蕉の弟子 服部嵐雪の句

色々な解釈があるが

かわいい一輪咲く毎に、ほんのりと心も暖かくなってゆく。

かわいいきびしい寒さの中で梅が一輪咲き、それを見ると
ほんのわずかではあるが、一輪ほどの暖かさが感じられる

かわいいまだ残雪が残り、寒さがようやく和らいできた
寒い朝、ふと庭の梅の木を見ると花が一輪咲いている。
やっと、春がそっと忍び足でやってきたのだなあ。

かわいい梅の花が厳しい寒さの中で開花するさまは、
人生にたとえられる。
苦しい時、悲しい時、寂しい時に厳しい寒さの中に咲く
「梅一輪」のけなげさを感じていただければ揺れるハート


とにかく
今年も咲いたるんるん
 我が家の枝垂れ梅

DSC_0145.jpg

春よ来いハートたち(複数ハート)

  
    <池坊中央研修学院>

ブログのアクセス(検索ワード)で
池坊・中研・教養科 が増えてきました。
グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

池坊中央研修学院略して〔中研〕に
興味を持たれている方からの
アクセスでしょうかわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

簡単に書きますね手(チョキ)

<池坊本部ビル>
ikenobou.jpg



<1年制> 1期は5日間で一年間に4期(4回)いくことになります。

<2年制> (平日コース)と(土日コース)があります。
  平日コースは8期(1年目は、2日間〜月・火×4期)
          (2年目は、3日間〜水・木・金×4期)

  土日コースは10期(1年目は、2日間〜土・日×5期)
           (2年目も、2日間〜土・日×5期)

手(チョキ)お仕事をされている方にも、受講できるように配慮されています。

今年はもう締切されていますが
来年からでもとお考えの方はひらめき
それまでの一年間
生花・立花・自由花ともに
基本を勉強してください。かわいい

なにごとも基本からです。

生花〜例:リアトリスの5本又は7本とか
     葉物(かきつばたや菖蒲も季節のものです。)
     花材が入ったらぜひとも稽古をしておくといいと思います。

立花〜例:立花入門カリキュラムで「役枝」と「出」を
     しっかり覚えてください。
     草もので、簡単な立花からスタートわーい(嬉しい顔)

自由花〜例:盛花とは違います。
     自由花入門カリキュラムで稽古をしたり
     表現テーマを決めていけること。

※いけばな池坊 自由花入門カリキュラムと
いけばな池坊 立花入門カリキュラムをしっかり読み
練習しておくといいでしょう。

持っていない方は、引き立教授者の先生にお願して
購入してください。
本市販はしていませんので。

中研ってどんなところ?かってわーい(嬉しい顔)心配な方へわーい(嬉しい顔)

池坊の教授陣の先生方は、
ユニークハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)で、お話もわかりやすくお上手です。カラオケ
気楽にカラオケ 
どんなことでも質問して

一年間で人より多くのことを学びたいという手(チョキ)
気持ちがあれば、伸びること間違いなしです。グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

中研は
行こうと思えば一生いくことができるくらいわーい(嬉しい顔)
開講されています。かわいいかわいい

せっかく始めた「いけばな」かわいい

とりあえず

教養A又は専門Aから一歩を踏み出してください。足足

※詳しくは
 池坊中央研修学院 教務課まで
(TEL) 075−221−4550

連絡すれば募集要項等送ってもらえます。わーい(嬉しい顔)

池坊までのアクセス
新幹線京都駅→地下鉄 烏丸御池駅下車 5番出口より
徒歩1分くつくつ

ビルとってもわかりやすく便利な場所にあります。わーい(嬉しい顔)

徒歩数分のビジネスホテルも多くあります。ホテルホテル

「花心苑」という池坊の宿泊施設も同じ敷地内にあります。

yjimageJO7MDTI8.jpg


行って良かったカラオケ
池坊中央研修学院カラオケ
略して
かわいい「中研」かわいい


二度とない 人生揺れるハート
二度とない 今日揺れるハート
二度とない この瞬間揺れるハート

仲間が大勢待っていますわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

さあ黒ハート
一歩 前へ足足ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)



posted by まぁみちゃん at 08:24| Comment(0) | 日記