2015年04月21日

<端午の節句>

5月5日は <端午の節句>ぴかぴか(新しい)

池坊では、花菖蒲をいけます。かわいい

image.jpg


男の子が生まれてはじめての節句には
白い花の菖蒲をいけます。わーい(嬉しい顔)
何色にも染まっていないからでしょうかぴかぴか(新しい)

 花菖蒲〜菖蒲は、尚武通じ邪気をはらうものだとされていました。手(チョキ)

 ※昔は、花菖蒲ではなく俗に言う葉菖蒲を田植えの時に、
 「蛭」がく〜(落胆した顔)もうやだ〜(悲しい顔)が寄ってこないように足足にまいたり、
  胃腸や肝臓の薬として使われていました。グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

「ヒル」ふらふらふらふら

yjimageSUVXWAK8.jpg

  また、葉菖蒲を根から取り、「蓬」と一緒に 
  屋根へ投げ、魔よけにしていました。家グッド(上向き矢印)


 (ヨモギは、よくもむ・・よくもむ・・から よもぎと言う名前になりました。)

yjimageLX6B3215.jpg

yjimage2BDHPG3D.jpg


  昔は、ヨモギをよくもんで、止血剤として使用していました。
  戦の時に、切られても病院外科に行くわけにも行かず、
  どこにでもある「ヨモギ」をよくもんで、止血剤にしていました。

  蛭や怪我などに効果があることからわーい(嬉しい顔)魔よけとされたのかもしれませんね。わーい(嬉しい顔)


子供の頃ブティック
田植えをしているのをじっと見ていた。目目
なんだか
泥んこ遊びのようで楽しそうに見えた。るんるんるんるん
「入ってはいけないexclamation×2
と言われていたのに、
田んぼに入りたい欲求にかられ
とうとう
入ってくつくつ足踏みをして遊んでいた。

その時
右足くるぶしのあたりに違和感を感じた。がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)

足を田んぼから抜いてみると足グッド(上向き矢印)
虫のようなものが私の足に吸い付いていた。パンチがく〜(落胆した顔)もうやだ〜(悲しい顔)ふらふら

「きゃーーexclamation×2exclamation×2
足を振って落とそうとしながら足足
泣き叫んだもうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)

父がすぐにそばに来て
私の血を吸って 大きくなっていた
ヒルをとってくれた。わーい(嬉しい顔)

「入ったらいけんと言ったろうがな。」パンチパンチ
ヒルは足から離れたけれど・・・

泣き叫び続けもうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)泣き疲れたのを 記憶している。

それからというもの
二度と田んぼに入ることはなかった。バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)



<こいのぼり>


yjimage7EABKEXD.jpg


  「龍門の下流より・・・」
  鯉は、滝に上り天にのぼる。
  つまり、「天下を取る。」「立身出世する。」ことに通じ、
  男の子はこのようであってほしい。ハートたち(複数ハート)
  と願いこいのぼりを立てたといわれています。
  
 柏餅も、兵糧ですものねわーい(嬉しい顔)

image8DLBGJOI.jpg


 戦の最中お腹がすいたからといって、火をおこして炊事すると
 敵に見つかってしまうので、大切な兵糧です。わーい(嬉しい顔)
 
 るんるん屋根より高いこいのぼり~~るんるん
 
 屋根より高いは、人より高いを意味し、
 人の上にたつようにとの願いがこめられていたのでしょうか?
 男の子も、大変ですね。わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

posted by まぁみちゃん at 18:21| Comment(0) | 節句のお話