2015年05月27日

<日本いけばな芸術中国展> NO2

<日本いけばな芸術中国展> NO2

いったいかわいい いけばなの流派って
どのくらいの数があるのでしょうかexclamation&question

どのくらいあると思いますか?わーい(嬉しい顔)

想像もつかないでしょうが
答えてみてください。わーい(嬉しい顔)

答えは最後に書きますね手(チョキ)


ぴかぴか(新しい)<池坊由紀様の作品>ぴかぴか(新しい)

DSC_0628.jpg

太い竹を、斜めにくるくると切っていますね。
節のところで割れやすく
あのように竹を切るのは大変だとか。わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

まだバタバタしていて
ゆっくり丁寧なブログのアップができません。

〜影の声〜
いつもバタバタと書いていて
 丁寧な説明もなしだけどパンチパンチ

かわいい「いけばなは、よく解らない」と
言われる方も多いと思います。
わからなくてよいのです。わーい(嬉しい顔)
この花 好き黒ハート 又は あまり好きではない失恋
流派も関係なし。わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

いけばな芸術をできれば、じかに目目にしていただきたいものですが
せめてカメラ写真ででも目目

かわいい会期中イベント
「最後尾」のプラカードが・・・がく〜(落胆した顔)
そして、入場制限も・・・がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)

こんなカメラカメラ写真はとても写せません。わーい(嬉しい顔)
朝の手直しの時にカメラ手(チョキ)手(チョキ)

出瓶者ならではのカメラです。わーい(嬉しい顔)

<朝の手直し風景>

DSC_0604.JPG

<手直しが終わって開場前>

DSC_0596.jpg

DSC_0597.jpg


では、それぞれの流派の大作等
ごく一部の作品を紹介しますね。

DSC_0599.jpg

DSC_0600.jpg


DSC_0621.jpg


DSC_0601.jpg

DSC_0602.jpg

DSC_0627.jpg

DSC_0624.jpg


DSC_0622.jpg

各流派それぞれに特徴があります。グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

地方での花展のように小品花と呼ばれる作品はありません。
このような芸術作品ぴかぴか(新しい)
普通の家では、とても飾れるスペースはないでしょう。

これなら我が家でも・・・わーい(嬉しい顔)
自分でもちょっと真似してみようかな・・・わーい(嬉しい顔)
無理exclamation×2無理exclamation×2

生活に密着しているいけばなは
地方の花展で多く出瓶されています。
是非あなたがお住いの地域で花展が開催されたら
足を運んでください。くつくつダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)
いけばなは解らなくていいのです。
見て楽しんでください。目目手(チョキ)

かわいい児島支部花展かわいい
11月28日(土)〜29日(日)
に開催予定です。イベント
まだまだ先のことですが
予定に入れておいてくださいね。キスマーク


明日は、稽古をお休みして
学校法人池坊学園の評議委員会に出席します。新幹線

新任の評議委員欄に 
あの脳科学者 茂木 健一郎氏のお名前があったので
明日、お会いできるのを楽しみに揺れるハート
行ってきます。くつくつダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)


〜答え〜

約 「3000流派」あると言われています。

生まれては消え 消えては生まれ・・・
その中でもっとも古く最大流派は
「池坊」です。

「池坊」・「草月」・「小原」・・・とっても有名です
聞いたことあるでしょうか?

もっとも古く最大流派ということはわーい(嬉しい顔)
池坊の花が戦乱の世も絶えることなく
脈々と受け継がれてきたということ。exclamation×2手(チョキ)
本物である!exclamation×2グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)こと以上に何かがなければ
消え去っています。

その魅力は、言葉では言い尽くせませんグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)揺れるハート

いけばはの稽古をしてみたいと思われている方は
是非 ぴかぴか(新しい)「池坊」ぴかぴか(新しい)キスマーク

かわいいご自分にあった先生を探したいと思われたなら
池坊のホームページにアクセスしてください。
教室の紹介欄があります。
お住まいの地域を選択して
各教室の特徴等をチェックわーい(嬉しい顔)

わーい(嬉しい顔)気になる教室が見つかったら目
とりあえず無料体験をお試しください。るんるんるんるん

数か所の教室でかわいい体験して
自分にあった黒ハート先生を見つけてくださいね。目目

池坊の人口が増えますように揺れるハート揺れるハート





posted by まぁみちゃん at 08:52| Comment(0) | 日記