2015年08月22日

<ご先祖様> NO2

<ご先祖様 NO2>

お墓に着くとまず

やぶ蚊対策もうやだ〜(悲しい顔)

蚊取り線香・キンチョール・

蚊があたると電気が流れるラケット・・・・

DSC_1608.jpg


色々と毎年試している。わーい(嬉しい顔)

Gパンの上からだって 刺すexclamation×2

根性のある蚊が集団で攻撃してくる。ハートたち(複数ハート)わーい(嬉しい顔)

痒くさえならなければ

献血するけど・・・黒ハート

お墓参りから帰ると シャワー

身体を拭いたら

虫刺されの薬をそこらじゅうに塗らなければならない。もうやだ〜(悲しい顔)

蚊も子孫を残そうと必死だexclamation×2

挿すのは、メスだけexclamation×2


image6WP7EAP6.jpg

産卵のための栄養を(血液)を摂取しなければならないので

蚊も、必死exclamation×2

刺す時に、血が固まらないようにするために唾液を出す

その唾液がアレルギー反応を起こし痒くなる。もうやだ〜(悲しい顔)

ここは、墓地

「人」はめったに来ないふらふら

「人が来たexclamation×2

「それ〜〜ハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)

とばかり刺しに来る。exclamation×2もうやだ〜(悲しい顔)

今年は、こんなものを持って行ってみた。手(チョキ)

DSC_1601.jpg

なんと、効果抜群だった。手(チョキ)手(チョキ)

8時間有効かどうかはわからなかったけれどexclamation&question時計

蚊が寄ってこなかった。手(チョキ)

まあ、途中何度も振りまいたけどわーい(嬉しい顔)

蚊の餌食にならずに、わーい(嬉しい顔)

お墓掃除もできたしわーい(嬉しい顔)

お参りもできた。わーい(嬉しい顔)るんるん


お墓の形も様々

家の形をしたもの目

お地蔵さんのような形をしたもの目
(頭らしき石に、胴体らしき石、なんとなく人の形をしている)

ただの石を積んだもの目
(朽ち果てた自然石のようなもの)

元の形も想像できないお墓も多い。わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

昔のお墓は、ほとんどが崩れている。

石がこんなになるなんて・・・

いったいどのくらいの年月が経っているのだろう。exclamation×2exclamation×2

あまりにも多いお墓exclamation×2

これでも、墓をまとめたとのこと。

昔は、もっと多かったらしい。わーい(嬉しい顔)

※お墓の写真カメラ

撮るとよくないことがおきそうでexclamation&question

怖くて撮れない。カメラカメラバッド(下向き矢印)



花と水を墓まで持って上がるのが一苦労。くつくつ

※とっても古い墓地なので、水道等の設備がない。もうやだ〜(悲しい顔)

昔は土葬だったという。

棺桶を置いたであろう大きな「石」と

供物を供えたであろう「石」が残されている。


子供の頃、お墓まいりに行くと

耳の形をした墓石に手をこすりつけ

「耳が痛くなりませんように」 と

その手で私の両耳をさすっていた父と母揺れるハート揺れるハート

なんでもその人は、耳が痛くなって

疼き死んだのだそうだ。もうやだ〜(悲しい顔)

それで、墓石の形が耳の形をしているとか。

墓地の一番端っこに

ぽつんと一基あるお墓。

遠い昔

「御前道」で行き倒れて亡くなられた

お坊さんのお墓だと言い伝えられている。耳耳

行き倒れた方なのでお参りする方もいない。もうやだ〜(悲しい顔)

先祖から、このお墓も必ずお参りするようにと

代々受け継がれている。ハートたち(複数ハート)

勿論、戒名も読み取ることはできないほど古いもの。

昔、由加山の蓮台寺さんが、 

「蓮台寺で戒名をつけているのは間違いないです。」

と、言っていたのを聞いたことがある。

「御前道」の地名の由来

昔、池田のお殿様が通られた道

又は、本太城というお城があった。
(そのお殿様が通った道で 御前道)

たぶん?本太城のお殿様の方かなぁ?

ようするに、御前が通った道

「御前道」になったとか。

自分で勝手に想像していることがある。

前田のご先祖様は・・・

お話はつづきます。


posted by まぁみちゃん at 18:13| Comment(0) | 独り言