2015年09月17日

<ご先祖様>NO19

<ご先祖様> NO19

同じ「前田」といっても

頭の良い「前田」とグッド(上向き矢印)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

頭の悪いほうの「前田」があるバッド(下向き矢印)もうやだ〜(悲しい顔)

私の「前田」はわーい(嬉しい顔)

とうぜん手(チョキ)


頭の悪いほうの「前田」パンチバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)もうやだ〜(悲しい顔)


前田恒治さんのほうの「前田」はわーい(嬉しい顔)

頭がいいほうの「前田さん」グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)ぴかぴか(新しい)

恒治さんのお爺さんは

寺子屋をしていたという。ぴかぴか(新しい)

同じ親から生まれた子供でも

頭の良い子とそうでない子があるのと同じ。exclamation×2

性格の良い子グッド(上向き矢印)と悪い子バッド(下向き矢印)もある。

身長だって高い子グッド(上向き矢印)と 低い子バッド(下向き矢印)がある

先祖が同じだとしても

「・・・・・・・・・・」

まことに、申し訳ない限り・・・もうやだ〜(悲しい顔)



しかし、出来の悪いほうの前田でもわーい(嬉しい顔)

父は、けっこう 器用だった。手(チョキ)

道路に面している方に石垣がある

「みだれづき」という石の組かたらしい。

DSC_1804.jpg

庭をつくるときに、父が一人で作ったもの。手(チョキ)

山で採ってきた石を 積み上げている。

どこで習ったのかわからないけれどexclamation&question

鷲羽山スカイラインの工事の時にでた石だったのかな?

石を山から持って帰るのも車(セダン)ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)

石を積み上げていくのも父一人。わーい(嬉しい顔)

まあ母も子供だった私も、

ほんの少しは手伝ったけど。わーい(嬉しい顔)

小さな石が見えると思う。目目

DSC_1804 - コピー.jpg

これは、私がわーい(嬉しい顔)

「よいしょ!」

と運んだ石。手(チョキ)

大きいのは重くて持てなかったから・・・もうやだ〜(悲しい顔)

私が運んだ小さな石も使ってくれていた。るんるんるんるん

両方に石をつき、真ん中をあけて土を入れ

マメツゲを植えている。

庭は三度ほど 変わっている。

桜の木が何本も植えられていたこともある。

桜の木は、虫がたくさんつくので 

切られた。もうやだ〜(悲しい顔)

南国風にも なったことがある。リゾート

従来の日本の建築様式の家には 

似合わなかった。もうやだ〜(悲しい顔)

そして、今の庭になった。わーい(嬉しい顔)

と言っても

敷地の後ろまであった庭は

前の分部だけしか残っていない。exclamation

家を建て替えると決めたとき、

庭もデッサンしていた私。るんるん

少しだけでも 

昔の家のなごりがあったほうがいいのでは?

という 一級建築士さんと監督さんの意見に押され

前のほうだけは 庭を残した。わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

今になって思う。ひらめき

残しておいてよかった。ハートたち(複数ハート)

親子三人での 共同作業で完成した 

「みだれづき」の石垣だからムード

ひらめきそういえば

石は後々まで残る。

崩れたら、修理をしてでも

残してほしいな。ハートたち(複数ハート)

と思うようになった 

父のこと

あまり好きではなかった。バッド(下向き矢印)

思いだすことも少なくなっていた今日この頃もうやだ〜(悲しい顔)

今回お盆に、お墓参りをしてから半月で

一気に知らなかったご先祖様がわかり

なぜか?毎日父のことばかりを思いだす。ムード

我が家は、分家なので

この地に土地を買って家を建てたのは 父

ほんとは、前田のご先祖様の土地だけど

代りの土地を買い、交換してもらったらしい。わーい(嬉しい顔)

「神山」と呼ばれる

山を背負っていて 風水的にも良いらしい。黒ハート

せめて父の代(初代)からの

家系図を作っていこうと思う。

〇古式泳法

〇猟銃

〇刀

〇石垣

どこで習ったのだろうか?

先祖代々 なんとなく伝わっていたのだろうか?わーい(嬉しい顔)

御前道は、あまり平地がない

石垣をついてから家を建てることも多い。

子供の頃から手伝っていたのだろうか?わーい(嬉しい顔)

私の代で

途切れてしまった。もうやだ〜(悲しい顔)

古式泳法も猟も刀も石垣づくりも・・・

カラオケお話はつづきます。


posted by まぁみちゃん at 21:03| Comment(0) | 独り言