2015年09月20日

<御先祖様> NO21

<ご先祖様> NO21

お彼岸のお墓参り。かわいい

いつもは、お墓参りか・・・バッド(下向き矢印)

あの坂を上がらなければ・・・バッド(下向き矢印)

以前アップした道は

稗田城(光田城)へと続く道足足

まだなだらか?だけど 距離がある。もうやだ〜(悲しい顔)

今回の道は、近道でわーい(嬉しい顔)

子供の頃にいつもお墓参りをしていた道。足足

ものすごい急な坂道で右斜め上

子供の頃は 滑り落ちそうになるのでがく〜(落胆した顔)

草をつかんで登ったものだ。足足

DSC_1901.jpg

水がないので担いで上がらなければ・・・バッド(下向き矢印)

(これでも道)
一人がやっと通れる。

DSC_1904.jpg


花も大量にいるからお金も・・・バッド(下向き矢印)

蚊の餌食になるし・・・バッド(下向き矢印)

いつも頭をかすめるもうやだ〜(悲しい顔)

今回は違った。手(チョキ)

児島高徳と光田大善のお墓を探そう目目

そして、長年お参りしなかったことをお詫びしなければと

供物等を別に用意した。るんるんるんるん

児島高徳のお墓はわからなかった。もうやだ〜(悲しい顔)

とリあえず それらしきお墓を写真に撮った。カメラカメラ

お墓参りをしている親戚に見てもらい目

教えてもらおうと思った。わーい(嬉しい顔)

光田大善のお墓は、すぐにわかった。目手(チョキ)

聞いていた通りのところにあり。わーい(嬉しい顔)

昭和になってから、 立派なお墓を建立していた。ぴかぴか(新しい)

DSC_1912.jpg

お参りした。かわいい

勿論、墓地の隅にある、行き倒れてなくなった

お坊さんのお墓にもお参りした。かわいい

前世かもしれないとう彼を思いだした。ひらめき

充実したお墓参りになった。るんるんるんるん



私のいとこである おじさんの勧めで

郷土の歴史を研究している

大谷先生の本に出会い、読みふけった。本本

手元にある 古文書の移しに書いてある文があった。目

「畷の城および光田の謂れ(いわれ)の一部」 

本光田大膳の書によると

備後三郎高徳(児島高徳のこと)(1313〜1384)は、

足利尊氏が叛いて後醍醐天皇が吉野に朝廷を開かれると

高徳は 僧籍に入り 義清法師となって

備前児島畷城に入った。

なお、高徳は

正面の峰に祇園神社を創建して

(現 正面神社で我が家からその山は右斜めに見える)

自ら山伏になり 父 和田備後の守範長の霊を供養したという。

と書いてある。

同じだ!

古文書の中に「忠義」の二文字を忘れるべからず。

とあった。

先祖である 児島高徳の「忠臣」を

「家訓」として 掲げたのだろうか?


※児島高徳とは

元弘元年(1331年) 

後醍醐天皇が北条氏討伐の分を起こしたが敗れ

翌年3月天皇は隠岐に流されることになった。

高徳は塀を率いて、その車籠を奪還しようとしたが

失敗に終わった。
(たしか?通ると思った道を通らずに一本道が違っていた)

美作院庄の行在所(あんざいしょ)へ潜入し

桜の幹に 一篇の詩を書いて 赤心(せきしん=嘘や偽りのない心)

奏上(そうじょう=天皇に申し上げること)した人。

あ〜〜

疲れた!

字の読み方も

意味も解らない!

「御前道」という 地名の由来が書かれていた。

御前(お殿様)が通った道で「御前道」ごぜんどう

だと思っていた。

ところが

稗田城(光田城のことではないかと思う)が、

元亀2年(1571年)

日々村の四宮隠岐守、讃岐の香西駿河入道宗心の軍が

三千五百の兵を 稗田城(光田城)に向けた。

毛利軍に参戦するのに行く途中で

城を落として 手土産にするつもりだったらしい。

結果は、稗田城の負け。

そして、その勝戦の勢いで

その日の内に、本太城に攻め入ったという。

ところが 雨になり霧がたちこめきてた。

日も暮れてきた。三日月

そしてあたりは暗くなった。がく〜(落胆した顔)

ラッキーるんるんるんるん手(チョキ)

本太城側は、土地勘がある。わーい(嬉しい顔)足足

雨と霧そして暗闇の中で

敵は3500 本太城側は 300

まちぶせした。

敵は、暗闇の中で 切り込まれたexclamation

本太城側は、敵の大将の「宗心」を討ちとった。手(チョキ)

生々しい記述だ。本

稗田城城主が(光田城城主) 敵に討たれた時

「御前」(城主の妻)が、本太城の城主のもとに

駆けつけたことから足足

「御前道」と名前が付いたとある。

御殿様ではなかったのか!

貴人等 奥さまも 「御前」と呼ばれていたのだ!

それで 

「御前道」(ごぜんどう)の名前になったとか。

納得!

カラオケお話はつづきます。


posted by まぁみちゃん at 18:01| Comment(0) | 独り言