2016年03月23日

<出番を待つ花たち>

今週も、出番を待っている花たちがいます。かわいいかわいい

晴れあたたかな日差しが降り注ぎ

すっかり春るんるんるんるん

コートを脱ぎ棄ててわーい(嬉しい顔)

軽快になる季節るんるんるんるん

いける花も、動的にexclamationるんるん

そうexclamation軽やかな動きを出してexclamation×2るんるん

春をいけましょう。かわいいぴかぴか(新しい)

きょうは、とっても珍しい花を紹介します。手(チョキ)

私も見たことがなかった花目目


かわいい(マリアドネ)

これは、皆さんよく知っている花の仲間です。
さてなんなんの花でしょう。exclamation&questionわーい(嬉しい顔)

DSC_3626.jpg

かわいい(月)

DSC_3627.jpg

※色違いです。
 この花はね、ラナンキュラスの仲間手(チョキ)

ラナンキュラスってexclamation&question

こんな花ですわーい(嬉しい顔)

DSC_3629.jpg

見たことがあるでしょ目目

次は、これexclamation

かわいい(マッシューン)

花の直径がなんと目10センチもあります。わーい(嬉しい顔)

葉っぱをよく見ると目目

どこかで見たようなexclamation&question

DSC_3628.jpg

この花はね

アスターの仲間かわいい

かわいい(プチアスター)

DSC_3631.jpg

見たことがあるでしょわーい(嬉しい顔)


かわいい(レインダーワトル)

DSC_3633.jpg

これはアカシアなのですexclamation

水もいらないexclamation×2

かわいい(シレネ)〜サクラコマチ

DSC_3634.jpg

かわいい(紅の木)

DSC_3632.jpg

アフリカ等の原住民が身体に赤い色を塗っているでしょ

その原料exclamation

中(実)を開けると、種があり

つぶすと 赤く染まるわーい(嬉しい顔)

今週は珍しい花が満載でするんるんるんるん

かわいい桜も

DSC_3635.jpg

かわいいボケも

DSC_3636.jpg

かわいいナシの花も

DSC_3637.jpg

その他にも沢山の花たちが出番を待っています。ハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)

さあ

どの花を使ってみたいですかわーい(嬉しい顔)


新幹線明日は学校法人池坊学園の評議委会議いすの為、

京都へ日帰り出張。新幹線

稽古はお休みです。もうやだ〜(悲しい顔)

今日までに来られなかった方は、

金曜日にお越しくださいね。わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)




posted by まぁみちゃん at 19:36| Comment(0) | いけばなのお勉強

2016年03月22日

<本当に 痴呆?>

<本当に痴呆?>

介護関係の人に聞いた耳耳

痴呆のお爺さんのお話わーい(嬉しい顔)

二人一組で痴呆のお爺さんを風呂いい気分(温泉)に入れていたときのこと

いつも若い介護士さんと二人で入浴介助いい気分(温泉)(勿論女性)

痴呆のお爺さんが、若い介護助手さんの胸やお尻を触ったがく〜(落胆した顔)

いつものことわーい(嬉しい顔)

年配の人だと絶対に触らないexclamation×2というわーい(嬉しい顔)

「キャー」という声も 若い女性だとトーンが高いグッド(上向き矢印)

自分に触って来たら

「もう、なにしょんでえパンチパンチ

と言って終わりだから触らんよねえわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

と、笑っていたわーい(嬉しい顔)

この話を教えてくれた方は

決して若くはないわーい(嬉しい顔)

触られたことなんか一度もないというわーい(嬉しい顔)

「ほんとに このお爺さん痴呆exclamation&question

怪しいなexclamation&question

と思うでしょわーい(嬉しい顔)

でも間違いなく手(チョキ)

「痴呆なのです」exclamation×2

痴呆になるとね

さっき聞いたことでも耳耳

すぐに忘れてしまうもうやだ〜(悲しい顔)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)

ようするに「忘れる」のです。exclamation×2

ところが

若い方の女性を触っているのは

「今」なのです。

「忘れている」のとは違うexclamation×2

男性の本能なのでしょうね。揺れるハートるんるん



とうとうもうやだ〜(悲しい顔)

痴呆の波が私にも押し寄せてきたバッド(下向き矢印)

物を取りに行ってダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)

何を取りに来たのかわからなくなるexclamation&questionexclamation&questionがく〜(落胆した顔)

よくあることexclamation×2わーい(嬉しい顔)

それが頻繁になってきたもうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)

そのことを10歳くらい年上の方に話すと

「そんなのは 普通exclamation×2 あたりまえだexclamation×2わーい(嬉しい顔)

自分は、取りに行こうと立ち上がったとたんがく〜(落胆した顔)

何を取りに行こうとしたのか わからなくなるもうやだ〜(悲しい顔)バッド(下向き矢印)

まだ、その部屋まで行くだけましだ。exclamationわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

と言われた。

用事を頼まれると

すぐにするようにしている。手(チョキ)

「することが早いわねえ」

なんて言われるが

ゆっくりしていると忘れてしまうので

早くしているだけのことわーい(嬉しい顔)

まだ、レストラン喫茶店ビール食べたことは覚えているからひらめき

「大丈夫」とい自分に言い聞かせているわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

今日この頃失恋

かわいい珍しい花が入荷したので

久しぶりに

お花のお勉強の

「出番を待つ花たち」でもアップしますね。わーい(嬉しい顔)

目目はじめて見る花たちが登場します。ぴかぴか(新しい)

待っててね。わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

今日は、カメラ写真がないので

2月21日の柚木衆議院議員のパーティーの花を

いけに行ったときの車(RV)ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)

写真をアップします。わーい(嬉しい顔)

迎え花は、私が大まかにいけてかわいい

あとは、Oさんに任せた。ハートたち(複数ハート)わーい(嬉しい顔)

DSC_3510.JPG

いけている間

柚木先生は、リハーサルをしていたるんるん

なんでもできる方だexclamation×2

歌もギターもお上手。るんるんグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)ぴかぴか(新しい)

流石exclamation×2

DSC_3512.jpg

かわいいいけ終わって、るんるんリハーサルも終わって

DSC_3518.jpg

秘書の方がとても多い目目

皆さん柚木議員に似ているような気がするわーい(嬉しい顔)

気配りも素晴らしいしグッド(上向き矢印)

温厚で頭も切れそうな方たちだわーい(嬉しい顔)

見ていて気持ちがよかった。ハートたち(複数ハート)

後援会へ入っているわけでもないのに

なぜかexclamation&question

とても親しいハートたち(複数ハート)

また稽古にいらしてくださいね。かわいい




posted by まぁみちゃん at 15:38| Comment(0) | 独り言

2016年03月11日

<津波の爪痕>

今日

3月11日は 東北沿岸を 地震とともに 

巨大な津波が襲った日

テレビを見ていて本当にこんなことが・・・・と

絶句した

仙台の先生のことが気になった

何度か、児島にも来てくれていた。

電話したけど

通じるはずもない

一ヵ月半位してやっと連絡がついた

「生きてるよ」

が最初の言葉だった

涙で 会話が途切れた

「家は建ってるけど 窓がない」

「寒いし食べるものもない」

「ガスも電気も何もかも・・・・・」

「なぁんにも なくなってしまったわ」

「大丈夫 生きているからね」

こんな言葉が すすり泣きともに聞こえたのを

思いだした。

避難所へは行かず自宅にいるという

津波が押し寄せてきたときのことを話してくれた

何か送らなければ

何がいいのだろう

手あたり次第買い物をした

ペットボトルの水・レトルトのカレーやご飯・

おかゆ・おでん・缶詰・・・

温めればすぐに食べられるものだ

そうだ! ガスもない

いけない事と知りつつも

卓上のガスコンロとカセットボンベもいれた

灯りがないので懐中電灯やロウソクもいる

スーパーやホームセンターには

小指ほどのローソクしか残っていなかった

仏具店へ行ってみた

大きなロウソクや一日もつという

丸いきれいなロウソクを大箱買いした

マッチは、仏具屋さんが只でくれた

洋服や下着など寒さをしのげるもの

トイレットペーパーやタオル類

そうだ お菓子もいる

片付けで疲れているだろうから

甘いものも必要だ

日持ちするお菓子を大量買いした

ご近所の方にもおすそ分けしてあげるだろうから

洋服もいる

私の洋服なら着られるのでは?と思った

年上だけど 体型はよく似ている

箱が何箱になったのか覚えていない

くる日も来る日も 荷物を送った

「いつ届くかわかりませんよ」

「またですか。届くかどうかもわかりませんよ。」

と言われ続けたけれど・・・

その時母は、

交通事故で右半身が不自由になっていた。

タオルを全部引っ張り出して

「雑巾がようけいるじゃろう

雑巾はなんぼあってもええからな

水もないんじゃ洗えんがな」

といって ミシンの前に座った

事故の後遺症で歩くのも 

箸を持つのも大変だった時だ

「ミシンの目がまっすぐにならん・・・」

と言いながら 

数えられないくらいの 雑巾を縫っていた。

「私にはこんなことしかしてあげられんからなあ

あんたはもっとしてあげねえな」

と言って 泣いていた母。

今日の夕方、お婆ちゃんにと

三陸のわかめが届いた。揺れるハート

posted by まぁみちゃん at 21:09| Comment(0) | 日記