2016年05月04日

連休

連休るんるんるんるん

なんと10連休exclamation×2手(チョキ)

あれもしようわーい(嬉しい顔)

これもしたいわーい(嬉しい顔)と思ってはいたもののるんるん

時間だけが過ぎ去っていく時計時計

一番しなければならないお掃除が・・・もうやだ〜(悲しい顔)バッド(下向き矢印)

昨日は、お嫁さんの実家に行ってきた車(セダン)ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)

弟さんのムード結婚のお祝いをもってるんるん

まあ、お爺さんの顔を見るのが大半の目的わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

いつまでもムード仲がいい美男美女のご夫婦で

屈託のない笑顔に癒される。ハートたち(複数ハート)わーい(嬉しい顔)

お庭で今が盛りの牡丹も出迎えてくれた。

DSC_4029.jpg

お散歩がてらに行ける足足

「名和神社」に参拝をしてきた。ぴかぴか(新しい)

DSC_4030.jpg

DSC_4033.jpg

前田のご先祖様とされる児島高徳が、

後醍醐天皇を救出しようとして失敗もうやだ〜(悲しい顔)

この話は以前書いたけれど

復習ねわーい(嬉しい顔)

後醍醐天皇は、元弘の乱(1331)に隠岐に流される途中

岡山県を通過足足

、そこで

児島高徳は、備前市三石、山陽道舟坂山(ふなさかやま)に潜伏し、

後醍醐天皇の隠岐護送行列を待った。わーい(嬉しい顔)

しかしいつまでたっても行列はやって来ない。もうやだ〜(悲しい顔)

すでに行列は播磨から美作国へ進んでいた。足足ふらふら

美作国の杉坂峠に変更して、道を急いだけれど、ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)

すでに行列は、そこを通過してしまっていた。失恋

高徳の軍勢は少ない為、

平地では天皇を奪い返すことが出来ない
 
児島高徳は単身、天皇の宿泊する院庄の館の庭先へ忍び込み

桜の幹を削り、そこに漢詩を一句書いた。手(チョキ)

「天莫空勾銭 時非無范蠡」

(天は春秋時代の越王・勾践に対するように、

決して帝をお見捨てにはなりません。

きっと范蠡の如き忠臣が現れ、

必ずや帝をお助けする事でしょう)

ぜめて志だけでも伝え

後醍醐天皇を勇気づけようとしたのだろう




<去年見つかった古文書>

このことが記されている

「名和長年」のことも書かれていた。

CIMG1584.jpg

CIMG1585.jpg


翌朝、これを見つけた警護の武士たちは意味が分からない。exclamation&question

私も、さっぱりわからないexclamation&questionわーい(嬉しい顔)

意味は勿論、字も読めなかった。パンチパンチ

おばかな、私。パンチパンチもうやだ〜(悲しい顔)

そういえば、古文書の件でおじさんを尋ねたときに

あんた、これが読めんのかなパンチパンチ

と言われた。パンチ

「全く読めないexclamation×2」といったら

読んでくれた。

80代半ばのおじさんは、普通に読んでいた。ぴかぴか(新しい)


話は戻ってわーい(嬉しい顔)

天皇だけが、その意味を理解されたというひらめき

そして、後醍醐天皇は、隠岐に向かわれた。

というお話。


※このお話は尋常高等小学校の文部省の唱歌として

唄われてきたそうで、ご年配の方はみんな歌えるという

聞いてみたい方は

児島高徳(こじまたかのり)で検索すれば

YouTubeで歌が聞けまするんるん

宇多天皇皇子(見つかった古文書の最初にに出てくる)・

CIMG1576.jpg

敦慶親王が備前児島に配流されたのち、

その子福慶から十四代目

和田備後守範長の実子が児島高徳という説もあるが

まあ

皆、さかのぼれば天皇に行きつくのだろうけどね。

五流尊瀧院(ごりゅう そんりゅういん)は

岡山県倉敷市林に所在する修験道の寺院。

本尊は十一面観音。ぴかぴか(新しい)

天台修験系の一宗派である「修験道」の総本山

児島高徳生誕の碑がある

去年見つかった古文書によると

御沙汰書は、奉書成りけるも

永大子孫に残し置くために巻き物となして記し置く也

御沙汰書は後に火事ににて消失せり

光田家は(前田・光本・光田の先祖)佐々木より出

宇喜多となり和田と変わりぬ

また浮田ともなり時代によりて変わりぬ

備後三郎(児島高徳)畏くも児島姓を賜ふ

其の後而して鳥取庄を賜ふ

是 永久に子孫へ教え傳 家名をけがさせぬ様

尚 忠義の二文字を忘れるべからず

とある。


またまた話は戻って

その後(1333年〜元弘3年)

名和長年一族は

後醍醐天皇を隠岐島から救出を試みて成功

この時、児島高徳は、後醍醐天皇救出の知らせを受けて

名和長年のところに向かっている足足


名和長年は一族郎党を率いて船上山に立てこもり、

鎌倉幕府を倒し天皇親権を復活(建武の新政)させた

名和神社の境内は、名和公の米蔵があったところで

合戦の時焼き払ったため 

今でも焼き米が出てくるという。

DSC_4032.jpg

名和神社の掲示板にこんなものがあった

植樹祭に鳥取県へ行幸された天皇陛下は

名和神社に幣饌料(へいせんりょう)をお供えされている

DSC_4035.jpg

以下一族42名の英魂を祀った元別格官弊社。

「名和神社」は神社の規模としては鳥取県内でも最大級


はじめてお嫁さんの実家に行ったとき

おじいさんに、「名和神社」に案内されたわーい(嬉しい顔)

「ふん〜〜 名和神社って言うんだ」

くらいで終わっていたけれど

今回は、しっかりお参りをした。わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

ところで

昔の人は凄いと思うグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)ぴかぴか(新しい)

今の時代は、ボールペンでも消すことが出来る時代になった手(パー)

墨で書くと

がく〜(落胆した顔)間違えたら消すことが出来ない。

こんな難しい漢字をよく間違えないで

書くことが出来るものだと

感心した。ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ハートたち(複数ハート)

いま私は

簡単な漢字すらも書けないバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)

この字はこんなかんじだったかなexclamation&questionexclamation&question

では不安で、失恋

携帯電話スマホで確認してから書いたりしている。もうやだ〜(悲しい顔)

ご先祖様が見たら目目

バカな奴パンチパンチだとゲンコツものだろう。ちっ(怒った顔)パンチパンチちっ(怒った顔)




posted by まぁみちゃん at 11:46| Comment(0) | 日記