2016年09月23日

振り払っちゃえ

9月9日に

重陽の節句のお話を書いたけれど

書けなかったこともあった。もうやだ〜(悲しい顔)

節句ってほんとは

不吉なのよねバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)

だから逆にお祝いして振り払っちゃえグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

が、節句の始まりexclamation

厄年ってあるでしょ

33才(女性)・42才(男性)・61才(還暦)・・・

お祝いをするでしょう。わーい(嬉しい顔)

良くないことが起こることが多い年回りなのよね。もうやだ〜(悲しい顔)

だから邪気を振り払うために

お祝いをしているのです。わーい(嬉しい顔)




<重陽の節句の補足>

菊の花って「菊花展」のできるくらい

長いこと咲いていますよね。

重陽の節句にはね

菊の花を浮かべた菊酒を飲んだり、

着せ綿の綿で、顔を拭いたり

丹前を作ったりします。

ここで

知らない方の為に

「着せ綿」の説明をします。わーい(嬉しい顔)

「なーんて親切な前田先生だこと」ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)揺れるハート

の声が耳耳

聞こえてこないexclamationパンチパンチ

まあいいかわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)


前日の夕方ころに菊の上に綿をのせておきます。

翌朝、梅雨の付いた綿で

顔や身体を拭いたりします。ぴかぴか(新しい)

ようするに

菊の花の上に「綿」を置いておくことを

「着せ綿」というのです。わーい(嬉しい顔)

この着せ綿で丹前のようなものを作って

長寿を祝っていたのです。

ほのかに菊の香りが・・・わーい(嬉しい顔)

昔は旧暦で ひと月遅れだから

丹前を着たくなる季節。雪

大名が天皇へ、

「これから寒くなりますので、

どうぞ着せ綿で作りました羽織ものをお召しになり

暖かく冬をお過ごしくださいませ。

そして末永くご健康であらせられませ」

とかなんとかゴマすって献上したのかもexclamation&questionわーい(嬉しい顔)

そうそう着せ綿ってね

お肌にも良いのよぴかぴか(新しい)

着せ綿をした次の日の朝

夜露で湿っている綿で

顔や身体を拭くと

若返るらしい手(チョキ)手(チョキ)

若返るexclamation×2ぴかぴか(新しい)

という言葉に

反応した人耳耳

だーれだexclamation&question

わ・た・しわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

P1040737.jpg

posted by まぁみちゃん at 20:58| Comment(0) | 日記