2016年10月26日

力作でーす

花展会場の作品の中で

「この作品が好き」わーい(嬉しい顔)

なんて言うのもあると思うぴかぴか(新しい)

昔、池坊をお稽古していたというご年配の方は

「ハランに始まってハランに終わる」というexclamation

ハランをしばらくじっと見ている方もある。目目

DSC_5504.jpg

今のいけ方はわからないけれどハランならわかるわーい(嬉しい顔)

「いいですねえ〜、やっぱりハランはええわ」グッド(上向き矢印)

「枚数は何枚exclamation&questionぎょうさんはいっとるなあ」

「昔はハランばっかり稽古していた。

花屋がなかったから、よその家に行って

ハランをもらって稽古をしていたんよ。」

などなど

話は尽きない。

DSC_5562.jpg

ちなみにこの写真は、母わーい(嬉しい顔)

ハランに穴があくのではわーい(嬉しい顔)と思うくらい見つめていた。目目

ひらめき遠い昔、

ハランを稽古して帰り足足、自宅家で再現していた時のこと

私のそばで、じっと見ていた母目目

「そこは違うexclamation

「そうではなかろうexclamation×2パンチ反対じゃがパンチパンチ

うるさく言った。ちっ(怒った顔)

「先生はこういうふうに教えてくれた。」わーい(嬉しい顔)

といっても

「まちごうとる。」パンチ

と言ってきかない

それもそのはずわーい(嬉しい顔)

覚えて帰ろうなんて、ちっとも思っていなかった。わーい(嬉しい顔)

適当に、いけていたから。わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

懐かしい思い出のつまった「ハラン」ぴかぴか(新しい)

今は、何にも言われないけどわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

遠い昔をひらめき思い出していたのだろう。

なかなかハランから離れなかった母。わーい(嬉しい顔)

今があるのも父と母のおかげ揺れるハート揺れるハート

両親にはとっても感謝している。黒ハート



カメラカメラ写真うつりもあり抜粋ですが、アップしますね。

DSC_5505.jpg

DSC_5506.jpg


DSC_5507.jpg

DSC_5508.jpg

DSC_5509.jpg


DSC_5510.jpg


DSC_5511.jpg


DSC_5512.jpg


DSC_5513.jpg


DSC_5514.jpg


DSC_5515.jpg

DSC_5518.jpg


DSC_5520.jpg


DSC_5521.jpg


DSC_5522.jpg

DSC_5523.jpg


何年もの間稽古に来られていなかったけれど

花展に出瓶してほしいとお願いしたら

気持ちよく出瓶してくださった方揺れるハート

ご家庭で大変なことが起こりがく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)

稽古に来られていなかった方もうやだ〜(悲しい顔)

子育てで稽古どころではない方わーい(嬉しい顔)

高速をつかっても片道2時間の道のりなのに車(セダン)ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)

稽古に来られて出瓶してくれた方わーい(嬉しい顔)

いけ込も撤花もできないけれどもうやだ〜(悲しい顔)

下稽古に来られて出瓶してくれた方わーい(嬉しい顔)

仕事や遠方の為、

いけこみ時間のタイムリミットぎりぎりでしか来られない方時計

そんな多くの方たちが出瓶をしてくれた。

いけばなは、

時計時間とお金にゆとりがあるから出来る

そんなものではないとおもう。exclamation×2わーい(嬉しい顔)

時計時間は作るものわーい(嬉しい顔)

お金をかけなくても

家のお庭で咲いた花や道端の草

を持ってきてもいいグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

この「草」がいい味を出してくれる。グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)手(チョキ)

雨や風台風雪、夏の暑さ晴れに耐えたいじらしさがある。揺れるハート

稽古場に多くの花を用意している。かわいいかわいい

ほんの少し、花や木をたすだけで

作品になる。ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

いけばなは気負わなくていいexclamation

いけばなは楽しいねるんるんるんるん

で、十分です。わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

よく、「枯れなければいいのに・・・」

という方もあるけれどわーい(嬉しい顔)

花は枯れていくから美しいぴかぴか(新しい)

蕾は咲くから楽しみがある。ぴかぴか(新しい)

咲も枯れもしない花より

枯れたらまたいければ

目新しい花、この季節しか見られない花が

見られるからね。目目ぴかぴか(新しい)



posted by まぁみちゃん at 18:40| Comment(0) | 支部花展のご報告