2017年09月16日

日本いけばな芸術四国展

ぴかぴか(新しい)<日本いけばな芸術四国展>ぴかぴか(新しい)

イベント日本いけばな芸術四国展が

10月5日(木)〜10日(火)まで開催されます。

(前期展)5日(木)6日(金)・7日(土)

(後期展)8日(日)・9日(月=祝日)・10日(火)

10時〜16時30分(17時閉場)

俗にいう

ぴかぴか(新しい)「日いけ」ぴかぴか(新しい)

東京・大阪が主で

地方で見られるのはまれです。目

各流派の宗匠も来られていけこみをされます。グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

勿論日生けの会員もexclamation×2

そのスケールは通常の花展とは比べ物になりませんグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)手(チョキ)

一見の価値ありです。目わーい(嬉しい顔)

招待券がたくさんありますので、差し上げます。exclamation×2揺れるハート

気候のいい秋に、お友達を誘って、

高松まで出かけてみませんか車(セダン)電車



ちなみに私の出瓶は、

後期展の8日(日)〜10日の3日間の展示で

玉藻公園の飛雲閣です。わーい(嬉しい顔)

DSC_7189.jpg

私が出瓶する飛雲閣は、すべて四方正面にいけてくださいとのことで

何処から見ても正面になる自由花をいけます。

ちょっと大変だけどがく〜(落胆した顔)わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

50周年の記念花展なので

通常のデパートでの開催とは違って面白いかなわーい(嬉しい顔)

栗林公園のお庭には、

玉砂利や芝生の中にも大作が多く展示されています。

池の中にも、作品がありますよ。わーい(嬉しい顔)

どんなにして、いけこみしたのかひらめき想像してみるのも面白いかな

花展会期中は3会場を廻り、

スタンプを3つ集めてサンポート高松会場に持って行けば

先着100名様に記念品が贈呈されます。

〇スタンプ設置場所

 サンポート高松展示場受付
 玉藻公園 飛雲閣受付
 栗林公園 商工奨励会館受付

〇記念品受け渡し場所 

 サンポート高松 テックスガレリア特設会場


披雲閣について(玉藻後援公式ウェブサイトより)

DSC_7187.jpg

DSC_7188.jpg

平成24年7月9日に国重要文化財に指定されました。

現在の披雲閣は、明治維新後、

老朽化を理由に取り壊された旧披雲閣を

高松松平家の12代当主ョ寿伯爵が

大正3年に再建に着手し、

3年余りの歳月をかけ大正6年(1917年)に

完成したものです

この建物は松平家の別邸として建てられましたが、

その一方で、香川を訪れる賓客をもてなす迎賓館として
 
の役割も持ちあわせていました。

建築的特色としては、

伝統を踏まえた意匠は近世以来の

正統的書院造としていささかの破綻もなく、

伝統技術と洋風技術が見事に融合された構造となっています。

さらに披雲閣は、規模も大きく、

一部改変はあるものの保存状態もよく

当時の様相を伝える非常に高い価値を有するもので、

平成24年7月9日には国の重要文化財に指定されました。

※通常は一般公開されていませんが

日本いけばな芸術四国展の会期中は公開しています。

その建物(飛雲閣)で花を展示しているので当然ですが。

建物内ですので、靴を脱いでの拝見になります。


<鯛願成就>というのもある

高松城のお堀は、水門で瀬戸内海とつながっていて

海水100%、干満に連動して水位が変化します

ガチャガチャで浮きエサを購入。(100円、くじ付き)

※当たりくじは、天守閣をデザインしたピンバッジと

鯛のステッカーの2種類があります

あとは願いを込めて餌を投げ込む。

そういえば下見にいった時黒鯛やフグも見ました。

人影に魚が寄ってきたのでこういうことだったのかと納得。

DSC_7184.jpg

ちょっと見えにくいけど目もうやだ〜(悲しい顔)

黒鯛(チヌ)が寄ってきた。この後フグも顔を見せてくれた。


DSC_7185.jpg


<玉藻後援(飛雲閣)へのアクセス>

〇JR高松駅から徒歩で5分

〇ことでん高松築港駅から徒歩で1分

<サンポート高松へのアクセス>

〇JR高松駅から徒歩3分

〇ことでん高松築港駅から徒歩5分

〇高松港から徒歩2分

〇高松自動車道高松中央ICから車で約20分

<栗林公園へのアクセス>

〇琴電栗林公園駅から徒歩で5分

〇JR栗林公園北口駅から徒歩で3分

〇JR高松駅から車で5分

〇栗林公園前からバスで1分(鹿角線ほか)

※児島からのアクセスは

マリンライナー(高松行き)に乗車して30分で

高松駅に到着したら

先に飛雲閣(玉藻公園)やサンポート高松の花を拝見するか

高松駅から 高徳線普通(引田行)or(徳島行)or(三本松行)に乗車し

5分で栗林公園北口へ到着、徒歩3分で栗林公園に着きます。

本数が少ないので 琴電(栗林公園駅から徒歩5分)もありかな

入場した時にもらえるパンフレットの60分コースで回る方が多いようです。

ボランティアガイドさんをお願いすればもっといいかも

亀と、すっぽんの違いとか、高松城主の話も聞けるようです。

また和舟に乗ることもできるそうです。
※早目のチケット購入がおすすめとか

船頭さんの話を聞きながらの船旅(25分)610円も楽しそう。

スニーカーなど履きなれた靴でゆっくり散策してみては?

10月8日は友引の日曜日なので 結婚式も見えるかも

お昼ご飯はうどん県のうどんもいいけれど

DSC_7183.jpg

栗林公園内の 料亭「二蝶」のお料理もいいかな

2000円 茶室でいただけます。

また茶室でお抹茶やお団子も

近くには

皆さんよーく知っているこんなお店も

持ち帰りした。わーい(嬉しい顔)揺れるハート

DSC_7192.jpg

DSC_7194.jpg

創立50周年の「日本いけばな芸術四国展」のお知らせでした。演劇


かわいい※公益財団法人日本いけばな芸術協会よりかわいい

公益財団法人日本いけばな芸術協会は、昭和41年(1996年)に

全国の諸流派代表(130流派 223名)によって創立

現在300流派 4,200人の会員を擁する団体です。

このたびは創立50周年の記念すべき年に

高松で開催する運びとなりました。

東西役員・会員と一般の出瓶者も迎えての(368名)

多彩な様式の作品を展覧します。ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)


posted by まぁみちゃん at 18:01| Comment(0) | 花展のお知らせ