2017年11月18日

七夕会 欠席

ブログの更新が滞っている。もうやだ〜(悲しい顔)

何かと行事が多いこの季節exclamation×2

児島支部花展も目前目目

毎日遅くまで下稽古が続いている。かわいいわーい(嬉しい顔)

この世界に入って初めて七夕会を欠席した。がく〜(落胆した顔)

一才のお誕生日の一大イベントがあったからハートたち(複数ハート)

一升のお餅を背負って歩く行事足足

最近では、お餅をリュックに入れて背負ったり

お餅を紅白にしたり餅に名前を書いたり

後で分けやすいようにと小餅にしたりと

色々と工夫されているけれどわーい(嬉しい顔)
「ひめの餅」が一番おいしいお餅だと思っているので

県北までお願にいった。車(セダン)ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)

風呂敷は、石川五右衛門で有名になった唐草模様の風呂敷を

京都の老舗の風呂敷専門店「唐草屋」で購入。

池坊の本部の(六角堂)すぐ近くにある。

石川五右衛門で有名な風呂敷だ。

昔は、ムード結納や嫁入り支度をこの唐草模様の大風呂敷に包んだものだ。

一家に一枚 唐草模様の大風呂敷があった。

要するに縁起がいい模様だ。ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

唐草文様

つる草が四方八方に伸びてからみあう文様で、

どこまでも伸びていくツタは、生命力の象徴。

一族の繁栄や長寿を意味し

縁起がよい吉祥文様として愛された。


羽織袴のベビー服でソックスは足袋模様

昔ながらのスタイルで行った。わーい(嬉しい顔)

「尻餅をつく」のも厄を落とすという意味で縁起がよい。

「一升」と「一生」をかけて

「一生食べ物に困らないように」という意味もあり

「一升餅」と呼ぶようになった。

丸い餅にかけて「一生円満に長生きできますように」

という願いも込められています。

そして

背負ったexclamation

転んだexclamation×2

泣いたexclamationexclamation×2exclamation×2わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

そのあとはお決まりの「うかい亭」での

お祝ディナーレストラン

この一年で、5回行ったことになる。手(チョキ)手(チョキ)

トランプ大統領の接待で夕食に招待したのが

銀座の「うかい亭」レストラン

私たちが行くのはあざみ野の「うかい亭」

DSC_7973.jpg

DSC_7983.jpg

DSC_7985.jpg

DSC_7989.jpg

DSC_7993.jpg

DSC_8006.jpg

ガーリックライスといつも迷うけれどわーい(嬉しい顔)

そうめんにした。カメラ食べさしだけどわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

DSC_8017.jpg

DSC_8018.jpg

別室に行き、選べるデザートるんるんるんるん

DSC_8019.jpg

あれもこれもとついつい揺れるハート揺れるハート

カラオケダイエットは明日から〜〜

歌ってみた。るんるんるんるん

DSC_8022.jpg

DSC_8023.jpg

DSC_8024.jpg

DSC_8026.jpg

DSC_8027.jpg

DSC_8028.jpg

食べすぎた。exclamation×2もうやだ〜(悲しい顔)


主役の一歳の赤ちゃんは、

蝶ネクタイで「うかい亭」へ行ったけれど

「うかい亭」の食事は食べられない。失恋

お母さんの手作りの離乳食を食べていた。わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

気の毒に・・・レストランわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)


posted by まぁみちゃん at 19:09| Comment(0) | 美味しいお店