2016年12月19日

元気でーす

ブログの更新が滞りもうやだ〜(悲しい顔)

御心配をおかけしています。もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)

元気でーす。グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)手(チョキ)

お出かけすると、そのしわ寄せが・・・わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)


揺れるハート<Yちゃんへ>揺れるハート

黒ハートありがとうございました。黒ハート

とってもグッド(上向き矢印)とってもグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

喜んでいました。るんるんるんるん

また写真を送ってきてくれたら添付しますね。カメラカメラ

山口さんも「出来上がりました」とのことぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

霧箱も、届きました。プレゼント

ものすごーく 立派でした。

まるで美術品を入れる箱のようでした。ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

森上先生に持って行き箱書きをお願いしてきましたので

もうしばらくしたら連絡があると思います。手(チョキ)

出来上がり次第連絡しますのでメール

スケジュールを調節して

会いたいです。揺れるハート揺れるハートわーい(嬉しい顔)



今日は、写真がないのでわーい(嬉しい顔)

久々に会ってきた猫

男気のある「五右衛門」君の

大あくびの写真でもわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

DSC_6047.jpg


五右衛門のことを知らない方の為にカラオケカラオケ

猫五右衛門と猫小梅と猫あすかとカナブン>

本当にあったお話しです。揺れるハート

実は、五右衛門は、我が家の猫ではありません。

ユノ(シャルトリュー)・茶々(アメリカンショトーヘアー)・

五右衛門(アメショー)は娘夫婦の猫です。(当時)

小梅(スコティシュ〜ミミ折れ))・

あすか(スコティシュ〜立ちミミ))は家我が家の猫です。

ユノ・茶々・五右衛門は、度々我が家に居候を決め込んでいました。

特に、五右衛門は、唯一の男の子。

いわゆる悪がきでなぜだかexclamation&question入りびたり状態でした。猫

我が家に来たばかりの猫ちっちゃくて

特におとなしい「あすか」には天敵だと思いきやがく〜(落胆した顔)

なぜかexclamation&question意気投合。ムードムード

つるんで悪の限りを尽くしていました。猫ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)猫ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)パンチ

晴れある夏のこと、

ベランダに「カナブン」が来るようになりました。わーい(嬉しい顔)

五右衛門は、サッシの重い戸を開けてベランダへ(物干し場)

カナブンと遊ぶ楽しさを満喫していました。猫ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)るんるんるんるん

五右衛門がベランダに脱走した次の日には

歯型のついたカナブンが・・・がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔) 

毎日のように、歯型のついたカナブンががく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)

ベランダに横たわっていました。もうやだ〜(悲しい顔)バッド(下向き矢印)

小梅やあすかが

「私たちにもちょうだいexclamation×2」と言っても

自分だけ遊んで絶対に譲ってはくれません。パンチパンチ

(アメショー は、運動神経がよく

飛んでくるカナブンもジャンプしてキャッチexclamationします。)

ある日、五右衛門は、小梅・あすかと、

お別れしなければならなくなりました。もうやだ〜(悲しい顔)

五右衛門が遠くに引っ越すことになり新幹線

おそらく二度と逢うことは出来ないであろう、失恋

お別れの日をむかえた朝の出来事です。

晴れ早朝からベランダにたちはばかる重いサッシの戸を

必死に開けようと頑張っていました。猫あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

やっとのことでベランダに出た五右衛門は

ひたすらご飯も食べないで「カナブン」を待っていました。猫時計時計

この日に限ってカナブンはなかなかやってきません。もうやだ〜(悲しい顔)

五右衛門は長い時間ずっと待ち続け、時計時計

やっと一匹のカナブンを捕獲しました。手(チョキ)

カナブンをそっと咥えて、あすかの元へと行き、

「ポトン」とあすかの目の前に落としました。揺れるハート

しばらくあすかが、カナブンと遊ぶのをじっと見ていましたが、

再びベランダに行き、またカナブンが来るのを待ち続けました。時計時計

やっとの思いで二匹目をゲッット手(チョキ)

今度は小梅のところへ持って行き、

ポトンと置いてあげました。揺れるハート

自分だけ、カナブンと遊んで、

他の猫には、絶対にあげなかった五右衛門が

カナブンをあげるなんて・・・揺れるハート揺れるハート

五右衛門は本能でお別れしなくてはならない事を悟ったのでしょう。

勿論自分のカナブンはありません。exclamation×2

そんなにはベランダには飛んでこないから。

二匹の猫たちが(小梅と飛鳥)カナブンと遊んでいるのをじっと見ているだけ。目目

この光景を全部目撃していた私は、

涙がとまらなかったもうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)ハートたち(複数ハート)

五右衛門の写真を見るたび、この日のことを思い出します。ひらめきひらめき

本当にあったおはなしです。揺れるハート揺れるハート猫

今も書いていて 涙が出てきた。揺れるハート

posted by まぁみちゃん at 17:50| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: