2017年01月25日

伝統文化

ぴかぴか(新しい)<伝統文化>ぴかぴか(新しい)

婦人会主催で行われる伝統文化体験

去年は12月15日に実施している。

「瓦版 ひえだ」というのがあり

去年の記事を緑丘小学校の校長先生が開講式で読み上げられた。


DSC_6269.jpg


「伝統文化体験学習に思う」と題された記事は

婦人会の会長さんが書かれたものだ。わーい(嬉しい顔)

婦人会の会長さんとは稗田幼稚園の時からのママ友でもある。わーい(嬉しい顔)

彼女に頼まれたら

「NO」とは言えない。わーい(嬉しい顔)

ではその記事を紹介します。

「伝統文化体験学習に思う」

12月15日 稗田町民センターの暖房を入れ

玄関を掃き緑丘小学校六年生を待つ。

これが10年間続けて来た六年生と婦人会の冬の行事。

 朝9時、台所ではすでに子供たちの大好きなちらし寿司を作っている。

ちらし寿司は彩りが命。

DSC_6278.jpg

白布で整えられたテーブルによく似合う。

テーブルの花は時節柄また、行事の性格上

備前焼の花瓶に椿の組み合わせ。

10年間続けてきて慣れもあるけれど、

準備に手を抜かない。

それは本当のおもてなしの「心」を感じてほしいからです。

だからテーブルクロス一枚の歪みも許さない。

例えが悪いけれど、文化とはその積み重ねと思うからです。

また敢えて面倒なことを続ける根気が

文化を繋げていくのではないかと思うのです。

そして毎年、華道・茶道・日本舞踊と奥深い伝統文化を

興味深々と体験する六年生に、健やかな明日を見ることができ

私たちも沢山の元気を頂いています。


う〜〜ん

これを読んで反省した。exclamation

別に手を抜いているわけでもないがわーい(嬉しい顔)

婦人会の方たちに比べたら・・・とパンチパンチ

来年からは、講義の内容をかえてみようかと思っている。わーい(嬉しい顔)

いけばなの歴史などを30分ほどいす講義しているけれど

基本は10年間同じ講義内容もうやだ〜(悲しい顔)

作り直してみようかな。わーい(嬉しい顔)

〇華道は300円

〇茶道は200円

〇日本舞踊は無料
※着物と帯は婦人会の方たちが仕立ててくれている。

華道を選ぶと300円もかかる

勿論花代だけど

到底300円ではできないかわいいバッド(下向き矢印)

しかし小学生にとって300円は大金だ。exclamation×2

300円払っても良いお話が聞けたと耳耳グッド(上向き矢印)

思ってもらえるようにより頑張ろうと思った。exclamation×2わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)


今日は写真がすくないので

猫でも猫猫カメラカメラわーい(嬉しい顔)

飛鳥猫と小梅猫

ここ数日、気温が下がり寒いというより痛い雪バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)

コタツで丸くなる猫には厳しい冬だ雪

エアコンの生暖かいような風が嫌いでもうやだ〜(悲しい顔)

ほぼ全室温風ヒーターを使っている。

猫の為温風ヒーターを入れておく

猫たちは、定位置があり

飛鳥はあまり暖かくもないわーい(嬉しい顔)

温風ヒーターの上に陣取るるんるん

DSC_3163.jpg


小梅は温風ヒーターの真ん前で

鼻が乾いてしまうのでは心配するような位置に陣取るわーい(嬉しい顔)

DSC_5783.jpg

これが二匹の定位置だexclamation×2

DSC_3182.jpg

ところが、温風ヒーターはセレクトを押さない限り

3時間でとまる時計

猫は押せない。失恋わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

したがって一番早く寒くなったことに気が付く位置にいる

小梅がいち早く猫用のホットカーペットへと移動猫ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)

飛鳥が遅れてホットカーペットへ行っても小梅が陣取っているがく〜(落胆した顔)

我が家のペット用ホットカーペットは一匹用だexclamation×2

二匹いるのに・・・一匹用にしている手(チョキ)

なぜかってexclamation&question

別々だとつまらないからわーい(嬉しい顔)

二匹猫猫が団子になって温めあっているのが

たまらなく可愛い揺れるハート揺れるハート

要するに飼い主の意地悪だexclamation×2わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

DSC_6310.jpg

まあ、飛鳥はいつみても はみ出しているがく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)

小梅はしょぼい短毛猫猫

かなりの寒がりだもうやだ〜(悲しい顔)

飛鳥はフッサフサのロン毛だから

まあいいかわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)












posted by まぁみちゃん at 21:24| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: