2017年02月28日

過去ログ〜「花戦さ」

いよいよるんるんるんるん

後3か月ほどで「花戦さ」の映画が公開される。カチンコ

華道家元池坊の初代専好(野村萬斎)が描かれている。ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

過去ログのブログを再登場させていますがわーい(嬉しい顔)

この映画がらみでした。わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

より映画を楽しんでいただければと思って手(チョキ)

今日は、<金毛閣>のカラオケお話


利休が切腹に追い込まれる一因となった「金毛閣」

大徳寺は、1319年創建当時は小さな庵だったのですが、

応仁の乱で炎上し焼失してしまいました。もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)

ところがexclamation、あの一休さんが堺の豪商たちの支援を受けて

大徳寺を再興したのです。ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

有名な山門は、一休さんにより一階部分が

のちに千利休により二階部分が設けられ

「金毛閣」と名づけられました。

千利休は、二階部分に仏殿を設けたときに数体の仏像のほかに

「雪駄ばき」の姿をした利休像を安置しました。

なぜなんでしょうかねえexclamation&questionexclamation&question

利休さんに聞いてみないと本当のことはわからないけど・・・わーい(嬉しい顔)

茶好きで知られている豊臣秀吉は

大徳寺で茶会があるときには、この門をくぐることになります。足足

しかし、その山門の上右斜め上には雪駄ばきの利休がいることになり、

秀吉はちっ(怒った顔)ちっ(怒った顔)「天下人にここを通らせるつもりか」とかなんとか言って

利休を切腹に追い込むのです。がく〜(落胆した顔)

そのいわく因縁のある「金毛閣」

DSC_0789.jpg

まあこのこと以外にも色々とあったのでしょうが・・・

そういえば、この「金毛閣」を見ている時に

ジュディーオングさんが通りかかった。目

小柄な方で、お化粧も普通でよーく見ないと気が付かないくらい。わーい(嬉しい顔)

でも、目鼻立ちのはっきりしているお顔なのですぐにわかったけれどわーい(嬉しい顔)


天正19年(1591年)、

利休は秀吉から堺に蟄居を命じられてしまいます。がく〜(落胆した顔)

前田利家や、利休七哲のうち古田織部、細川忠興ら大名である弟子たちが

何とか利休を助けようとしたけれど・・・

残念ながら利休は京都に呼び戻され

聚楽屋敷内で切腹を命じられてしまいます。もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)

享年70歳

切腹に際し、弟子の大名たちが利休奪還を図る恐れがあることから、

秀吉からの命令で上杉景勝の軍勢が屋敷を取り囲んだと伝えられています。

死後、利休の首は京都の一条戻橋でさらし首にされました。ふらふら

首は切腹させられた一因ともされる

大徳寺山門上の木像に踏ませる形でさらされたといいます。

織田信長、豊臣秀吉に仕えた茶人の千利休。

死んでも自分の美学を貫き通した千利休が

追い求めた

不足の美=足りないからこそ美しい

というわびの精神は今も日本人の文化に強く根付いています。

池坊も同じexclamation×2

ぴかぴか(新しい)「余白の美」

ぴかぴか(新しい)「足らないところは心で埋める」

その究極ともいえるのが

椿一輪いけ

葉は、三枚半

「半」はね、虫が食べちゃった葉を使うので「半」

DSC_6481.jpg


池坊専好は、無二の親友 千利休の死に刀ではなく

かわいい「花の力」で立ち向かっていくのです。

前田利家邸を舞台に池坊専好が仕掛けた「戦」とは・・・

DSC_6506.jpg

野村萬斎さんと後ろにある大砂物の立花の大きさを見比べてみてください。目目

すごいでしょexclamation×2グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

池坊が総力を結集していけています。

これだけでも見る価値があるわ

映画を見てのお楽しみということにしておきましょう。

DSC_6505.jpg

京都での試写会に行ってすでにみていますが

一度では、深い部分が読めないので

6月3日からの公開が楽しみるんるんるんるんといったところ。

二度と池坊の宗匠が主役の映画はないと思います。

ぜひとも、「花戦さ」の映画を見てくださいね。目目わーい(嬉しい顔)

なおチケットが沢山あります。

通常は 1800円exclamation

水曜日はレディースデイで 1000円exclamation×2

私が持っているチケットはいつでも1000円です。わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)



posted by まぁみちゃん at 18:00| Comment(0) | お知らせ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: