2017年04月06日

揚げ花とは

3月26日(日)

児島支部の研究会があった。かわいい
北海道 札幌支部の 佐々木康人先生が講師。グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

とってもわかりやすい講義で勉強になった。手(チョキ)手(チョキ)

先生とは、中研でクラスメートだった。いすいす

確かお互いに30代だったように思う。わーい(嬉しい顔)

あれから〇十年がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)

まあそれはさておきわーい(嬉しい顔)

午前中は講義とデモンストレーション

昼食後から立花正風体をいける

その日は、聖雲会の書展の最終日

私にとっては、撤花日だった。

(撤花とは花を片付けること〜揚げ花ともいう)

ちょっと、ここでカラオケウンチクね。

揚げ花(あげばな)とは、華道用語

花展などで後片付けをすることをいいます。

「撤花(てっか)」ともいい搬出することなのです。わーい(嬉しい顔)

江戸時代の頃は、「さげる・する」などのことばは「忌み言葉」でした。

本来は「片付ける」は「さげる」ので

「さげ花」というのが本来かも知れませんが

「さげる」ではなく

「上がる」〜「揚げ花」と言われるようになりました。

忌み言葉を避けて「揚げ花」というようになったのでしょう。

私たちの地方では「撤花」(てっか)と言っています。

書展の会場(岡山)まで車(RV)ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)1時間以上かかる。

(書店の最終日は16時まで)

2時半には研究会の会場を出なければならなかった。

猛ダッシュでいけて二時半には会場を後にした。ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)

いける時間は1時間半程度だったと思う。

他の方たちの作品も見たかったけど・・・もうやだ〜(悲しい顔)

書展の会場花と添え花を撤花して自宅に帰り、

片付いたのが23時過ぎ時計

次の日27日には新幹線京都へ行くことになっていた。

池坊専好(初代)のカチンコ映画「花戦さ」の関係と

池坊華道会の評議委会議(28日)の為。

春休みと観光シーズン、でも 何とかホテルは取れた。ホテル手(チョキ)

※書展の会場を飾った桜を撤花して沢山持って帰っています。

 通常の稽古をして余力のある方は、桜の一種生をしてみては

 今週と来週はできると思います。
 
 もう葉桜になっていますが、木を切る練習。
 
 枝物をいける練習になります。わーい(嬉しい顔)
 
ケイオウ桜ですが木肌がとってもきれいで風情があります。ぴかぴか(新しい)

勿論、花材費やレッスン料はいただきません。わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

かわいいかわいいがんばれーかわいいかわいい

posted by まぁみちゃん at 20:50| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: