2017年04月27日

「青春とは」

4月8日 池坊中央研修学院祭の為京都へ新幹線

午前中 柴田英雄特命教授の 教学研修会があった。いす
五千円のチケットは 1月6日ですでに定員に達していて

この講義を聞きたくても聞けなかった先生は計り知れない。もうやだ〜(悲しい顔)

わーい(嬉しい顔)面白可笑しく飄々とるんるん退屈させず核心にせまり揺れるハート

流石exclamationグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)としか言いようのない素晴らしいカラオケ講義だった。

先生の講義を聞いていたいすお隣の方は最後には涙ぐんでおられた。

最後に先生が朗読された詩を紹介します。

 原作詩/サムエル・ウルマン 自由訳/新井 満

<芸に限り無し、命に限りあり>
※これは柴田先生のタイトル

ぴかぴか(新しい)「青春とは」ぴかぴか(新しい)

青春とは 真の青春とは 若き肉体の中にあるのではなく

若き精神のなかにこそある

薔薇色の頬 真赤な唇 しなやかな身体

そういうものは たいした問題ではない

問題にすべきは 強い意思 

豊かな想像力 もえあがる情熱

そういうものが あるか ないか
こんこんと湧きでる 泉のように

あなたの精神は 今日も新鮮だろうか

いきいきしているだろうか

臆病な精神のなかに 青春はない

大いなる愛の為に発揮される

勇気と冒険心のなかにこそ

青春は ある


臆病な二十歳がいる 既にして 老人

勇気ある六十歳がいる

青春まっただなか

歳を重ねただけで 人は老いない

夢を失ったとき はじめて老いる

歳月は皮膚にしわを刻むが 

情熱を失ったとき 精神は

しわだらけになる

それらは、精神をしぼませ ごみくずに変えてしまう

誰にとっても大切なもの

それは感動する心


次は何が起こるのだろうと

眼を輝かせる 子供のような好奇心

胸をときめかせ 未知の人生に 挑戦する喜び


さあ 眼を閉じて 想いうかべてみよう


「中略」

あなたの心のアンテナが

今日も青空高くそびえ立ち

いのちのメッセージを受信しつづけるかぎり

たとえ八十歳であったとしても

あなたはつねに 青春

青春とは

真の 青春とは

若き肉体の中にあるのではなく

若き 精神のなかにこそ ある


カラオケ84歳になられる柴田先生の声は艶やかだった。

まさに青春まっただなか揺れるハート


<講師インタビュー>

先生の考える「いけばなの魅力」とはexclamation&questionの問いに

柴田先生は 

精進しても精進しても限りない世界で、

風興を求めたら果てしない、

決して完成がない世界で魅力的です。

終りが無く、無心になれるのが元気のもとです。

長生きをしたかったら池坊の花をしてください。


人生には何か無心になれる趣味を持つ事が

いかに大切で有意義であるか。

いけばなは、最高に楽しい


柴田英雄先生の好きな言葉は

無心

ぴかぴか(新しい)道場席にいけられていた 柴田先生の作品ぴかぴか(新しい)


DSC_6695.jpg


いす図書館で柴田先生の本(作品集)に出会い

揺れるハートこんな花を いけられたら(カキツバタの生花)

揺れるハート池坊の花をしてみたい揺れるハートと思った方がいる。わーい(嬉しい顔)

」がありかわいい花工房 Maetaかわいいの門をたたいてくれた。手(チョキ)

柴田先生には、遠く 遥か遠く

及ばないけれどもうやだ〜(悲しい顔)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)

池坊のぴかぴか(新しい)魅力を伝え

いつまでもかわいい青春かわいいを謳歌してもらいたい。わーい(嬉しい顔)

※今週は、花菖蒲が入荷しました。

 「かきつばた」が見ごろを迎え

 「いけて〜〜ハートたち(複数ハート)わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

 って 懇願している声が聞こえ始めました。耳耳わーい(嬉しい顔)

 今年もあこがれの「かきつばた」の一種生を
 
 いけられたら いいね。わーい(嬉しい顔)
 
posted by まぁみちゃん at 19:08| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: