2017年07月27日

花の水揚げ NO2

昨日の続き手(チョキ)

かわいい花屋さんが、主にしている花の水揚げ方法はね

まず、バケツにたっぷりの水を入れておく

仕入れてきた花の導管が乾いてしまっているところを切り取る

鍋にお湯を沸騰させて

ほんの数秒切り口をお湯につける。

花や木の種類にもよるけれど

草物の場合は、とっても早口でわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

カラオケ「だるまさんがころんだ」というexclamationわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

木物は、普通に「だるまさんがころんだ」

くらいの数秒お湯につける。いい気分(温泉)

そしてすぐに

用意しておいたバケツにつける。exclamation

沢山の花を一度に水揚げをするときにいい方法exclamation×2

この時、葉や花に蒸気がかからないように

切り口を数cm出して、

新聞紙で包んでから湯あげをします。いい気分(温泉)

球根のものは、湯揚げはしません。exclamation×2

水切りだけでOKexclamation

ひらめき昔の話だけど

ある花屋さんに水仙の生花の稽古しようと

水仙を注文した。

花屋さんを始めて数年しかたっていない花屋さんだった。

したがって、いけばなの先生はあまり買っていない。

長い間、買っていた花屋さんが立ち退きになって

お店を営業していなかった時のことだ。もうやだ〜(悲しい顔)

水仙が入荷したとの電話連絡を受けて買いに行った。車(セダン)ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)

なんとがく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)

水仙に湯あげをしていたがく〜(落胆した顔)もうやだ〜(悲しい顔)

びっくりを通り越して目目ふらふら

唖然とした。失恋失恋ふらふら

使いものにならない。exclamationバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)

水仙の根元には、「白根」又は「袴」と呼ばれる

薄くて白い部分がある。

DSC_7150.jpg

この部分がとっても大事揺れるハート

生花でいける時には

この白根をそーっと花や葉から外し

葉や花を整えたら

元のように白根をはかせる。

一番大事な部分ともいえる。

DSC_7151.jpg

この大事な揺れるハート大事な揺れるハート白根を湯あげをしていい気分(温泉)

台無しにしてしまっていたのだ。パンチパンチ

そしてさらに

大胆にも水仙を持ち上げて

「いい水仙が入りましたよ。」

なんて言いながら

葉をスゴクようにした。目目パンチ

そんなことをしたら葉に付いている白い粉が落ちてしまうexclamation×2

この葉に着いている白い粉をなるべく落とさないように

注意して、いけなければならないのに・・・もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)

結局、花屋さんに使い物にならないことを伝えた。失恋

せっかく仕入れたのに、

買わないのは気の毒exclamation×2

生花でなく自由花でも使えるexclamation×2手(チョキ)

水仙は葉の中に針金を通すことが出来る手(チョキ)

そして、いろんな形に変化させられるので

とっても面白く使える。

まあいいかわーい(嬉しい顔) で

買ったけれど・・・

春になってチューリップを買おうとしたら

また、湯揚げをしていた。失恋失恋もうやだ〜(悲しい顔)

生花の体に使うところが湯揚げをしているので使えない。

DSC_7153.jpg

注文はしていなかったので

買わないで帰った。失恋

チューリップも球根だよ〜〜わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)


続きます。手(チョキ)
posted by まぁみちゃん at 19:15| Comment(0) | いけばなのお勉強
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: