2017年08月01日

お茶碗

九州北部雨雨雨豪雨で大きな被害が出た朝倉市。

その朝倉市(福岡県)で

仮設住宅の入居申し込みの受付が始まった

とのTVニュースを見た。

えっがく〜(落胆した顔)まだ仮設住宅にも入居できていなかったの・・・もうやだ〜(悲しい顔)

晴れ晴れ猛暑の中、被災した方たちは

体育館等で、大勢の被災した人たちとの共同生活が

いまだに続いていたのか・・・

体育館ではプライバシーもなく、

段ボールの囲いで生活している。

トイレトイレに行くのも大変だとか

足の悪い方は、段ボール箱を並べてベッドにしていた。

先日、同窓会の幹事さん達の集まりがあり

といっても、バーベキューでビールビール飲み会だったけどわーい(嬉しい顔)

そこで、8月なったらボランティアに行こうと思っていると

話しをした人がいた。わーい(嬉しい顔)

この晴れ猛暑、その年で・・・大丈夫・・・exclamation&questionexclamation&question

定年退職して、時計時間はあるけど

体力はいかがなものかexclamation&questionexclamation&question

まあ、あるから行こうとしているのだろうけれどわーい(嬉しい顔)

すごいなぁexclamation×2

気をつけてよ黒ハート

年が年なんだから失恋

晴れ暑さで倒れるなよexclamation×2

ほんとに大丈夫exclamation&questionexclamation&question

なんて声をかけていた。わーい(嬉しい顔)

もうやだ〜(悲しい顔)悲しいかな、時間も体力もない私。バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)

土砂をかきだして運ぶなんてことは無理。もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)

どうしたものかと思っていたら

電話がかかってきた携帯電話

「悪いんだけど、またキビ団子かキビ田楽を

送ってもらえるかなぁ 出来るだけ沢山お願い黒ハート

小さな子供たちには、「日本一のキビ団子」が元気モリモリになる

魔法のお菓子だ。グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)手(チョキ)

「朝倉市へ行く道が復旧されたので車(セダン)ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)行って来ようと思うんよ

朝倉郡の山間部には、筑前小石原焼の窯元が多くあって

大規模の自然災害を受けているから何か買ってこようと思う。

こんなことしかできんけど・・・」

沈んだ声だった。携帯電話

私は「お茶碗の予備がないから買ってきて」

と頼んだ。

今日、お茶碗等が届いた。プレゼント

DSC_7165.jpg


DSC_7167.jpg

「ダイエットしているから小さい茶碗にしてよ」

と言ったら、本当に小さかった。目目わーい(嬉しい顔)

子供の茶碗でももっと大きいexclamation×2わーい(嬉しい顔)

これから、ご飯は大盛にしよう。わーい(嬉しい顔)
わーい(嬉しい顔)

大盛でも普通のお茶碗の半分くらいだろう。

茶色のお茶碗は、普通の大きさだった。わーい(嬉しい顔)

う〜〜ん

これからは小さな小さなお茶碗で山盛りのご飯を食べよう。わーい(嬉しい顔)

去年の熊本・大分の震災の時にも

熊本・大分の一部のだけど

保育園児さん達に「キビ団子」をおくり

お肉やトウモロコシ、野菜などを買い

ささやかな支援をした。揺れるハート

今回もささやかではあるが現地の方は

品物を買ってもらえるのは、

ものすごくうれしいようで

仕事があることが、復興に向けての心の支えになると言う。揺れるハート揺れるハート

支えになるほどのお買い物はしていないけれど

大切に使わせていただきます。揺れるハート揺れるハートわーい(嬉しい顔)


※以下、筑前小石原焼 鶴見窯元さんのFacebookより抜粋

災害から3週間ちょっとが過ぎました。

頭の中が整理出来てるか分からないまま、

あっという間に過ぎてしまった感じです。

東峰村は自衛隊、地元消防団、ボランティアさん等々

復旧復興支援に携わって頂いてる沢山の方々のお陰で

徐々に元の姿に戻りつつあります。

嬉しい思いと感謝の気持ちでいっぱいです。

家の入り口付近は土砂と流木が山積みになっていて

重機による作業は出来てません。

人力で出来る作業を今は頑張ってます!

自宅は半分土砂に襲われてしまいました。

窯や棚板等の備品もどうにかして、

再建出来る様にやれることを頑張って行きます。


と書いてあった。

この暑さの中、途方に暮れながらも

頑張っておられる姿が、かいま見えた。

頑張りすぎないように

頑張って揺れるハート揺れるハート揺れるハート揺れるハート揺れるハート


posted by まぁみちゃん at 20:28| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: