2018年10月09日

おふくろの味

ぴかぴか(新しい)日本いけばな芸術展ぴかぴか(新しい)のいけこみが終わってから

お泊り組の数人で

大阪なんば近くの居酒屋に行った。手(チョキ)

6人だったかなexclamation&questionわーい(嬉しい顔)

ステキなお店ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)が点在する繁華街だexclamation×2

田舎者の私は キョロキョロ目目

古ぼけた居酒屋に案内された。がく〜(落胆した顔)もうやだ〜(悲しい顔)

エッバッド(下向き矢印) こんなぴかぴか(新しい)素敵なお店が立ち並ぶなか

ここかぁバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)ふらふら

入ったら 

先生からポスターを見るように促されたexclamation&question

よーく見ると目目この居酒屋の女将さんだった。exclamation×2わーい(嬉しい顔)

DSC_0116.jpg


きょう「おふくろの味」に出会った。

ふと、おふくろの声が聞きたくなった。



その日は珍しく落ち込んでいた。

朝は目覚ましが鳴らず、

ホームの階段を駆け上がった目の前で

電車が発車した。

それでも何とか得意先にたどり着いたら、

肝心の見積もりを会社に忘れていた。

こんな日に、まっすぐ一人の部屋に帰るのは、

やり切れない。

僕が“大阪のおふくろ”と慕うママさんが

一人で切り盛りするなじみの店へ立ち寄った。

カウンターのいつもの席に腰を下ろした

僕の前に出てきたのは、

田舎でいつも食べていた筑前煮。

おふくろの味だ。

これを里心と言うのか、

ふと柄にもなく田舎のおふくろの事を思い出し

タバコを買いに行くふりをして

携帯をかけに外へ出る

「もしもし、母さん?」

久々に聞く懐かしい声に心も晴れ、

何食わぬ顔で店へ戻った。

「元気出しや、九州男児!」

目の前で、大阪のおふくろが笑っている。


そのとき、その気持ち、そのケータイ


という

NTTDoCoMo関西のポスターだった


独身の男性や

単身赴任している男性

お母さんや、奥さんの味をおもいだしている方も・・わーい(嬉しい顔)

皆、頑張っているんだ。
exclamation×2グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

このお店は、ポスターに書かれているような

ママが一人で切り盛りしているお店ではなかった。わーい(嬉しい顔)
数人の料理人の方がせわしく働いていた。わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)


メニューに「ししゃも」とあった。exclamation

北海道の「本シシャモ」と書いてあった。わーい(嬉しい顔)手(チョキ)

迷わず注文した。わーい(嬉しい顔)

枝豆や魚なども産地が書いてある。揺れるハート揺れるハート

こだわっていることがよくわかる。手(チョキ)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

特に日本酒はこぼし方が半端ない。exclamation×2グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

関東煮も美味しかった。グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

ぴかぴか(新しい)オシャレなお店より 

出されたものは数段上物だとおもう。グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

あの繁華街で古びた居酒屋が

生き残っていることに驚いたわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

それほど魅力的なお店だった。exclamation×2

接待されることが多い教授陣は

豪華なお料理には飽きているだろう。exclamation×2

こんなお店で、好きなものを少しずつ出してもらい

ビール一杯、いやビールビール二杯・・・それ以上・・・わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

ビールビールビールビールビール飲んで・・・

楽しい時間を共有できた。るんるんるんるん

お店の名前・・・

忘れた・・・バッド(下向き矢印)

写真もない・・・カメラバッド(下向き矢印)

このお店に行く道すがら足足

街路樹に目がとまった。目

思わず写真を写した。カメラ
カメラ

DSC_0133.jpg


わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)
posted by まぁみちゃん at 18:46| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: