2018年10月16日

湿気とり

お墓のお引越しをするため

11日に魂抜きをした。

骨壺を自宅に持ちかえり

仏壇の横置いている。ハートたち(複数ハート)

会ったことのない兄の遺骨が入れられた

小さな骨壺もある。黒ハート

68年ほど前に5歳で亡くなっている兄だ。

母の家実家に遊びに行っていた時

トラックにはねられ、溝に落ちたというバッド(下向き矢印)

たいした事故ではなかったようだがわーい(嬉しい顔)

その時のかすり傷から「破傷風菌」が入り

お腹が空いても食べられないし、激痛も失恋

意識はしっかりしている中での窒息死もうやだ〜(悲しい顔)

可愛い盛りの幼子が

苦しみながら死んでいくのを見守るしかない。失恋失恋もうやだ〜(悲しい顔)

当時は「破傷風」は手の施しようがなかったようだ。ふらふら

あったことがない兄の、小さな遺骨をみて

当時の母の心中を察すると

心が痛んだ。もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)

その小さな骨壺が湿気の為、水が溜まっていた。がく〜(落胆した顔)

ちょっと、うろたえたけど

何とかしなくっちゃ〜〜 モバQモバQ で

インターネットで調べたexclamation

載っていないふらふら

どうしたものかと、無い知恵を絞った手(チョキ)手(チョキ)

〇蓋をあけて水分が蒸発するのをひたすら待つ

〇キッチンペーパーを入れて水を吸わせる

〇ザルに半紙を置き、遺骨を移し水を切る

いろんなことを考えてはみたものの

紙やザルに粉々になっている骨が

たくさんくっついてしまうだろう。

小さくて少ない遺骨を減らしたくはない。黒ハート

今のような、温度管理された火葬場で

綺麗に焼かれたのではないとおもうから。

ボロボロで微塵状態もうやだ〜(悲しい顔)

湿気とりの強力なのを買ってきて

段ボール箱に骨壺の蓋を取り

湿気とりも一緒に入れて段ボールの蓋をした。

31日が「魂入れ」なので

それまでに、どのくらい水が少なくなるのか

わからないけれどexclamation&questionexclamation&question

私の苦肉の策だ。わーい(嬉しい顔)

きょうで5日目exclamation×2

新幹線横浜に行って今日に日付がかわって帰宅した。

ようするに留守にしていたのだ。

3日間お線香をあげられなかったお詫びと

骨壺の水の状態を見るため

段ボール箱をあけた。目

たまっていた水は、上から見た状態では

なくなっている。手(チョキ)
手(チョキ)
もう少しすれば、骨も乾いていくだろう。

晴れお天気の良いときに骨壺の蓋をあけて

干そうかとも思ったけれど

直射日光にさらしてもいいものか?exclamation&questionexclamation&question

誰かいい方法を知っていれば教えてほしい。わーい(嬉しい顔)


今のような火葬場で焼かないお葬式を知っている。わーい(嬉しい顔)

あそこで焼くのは、あの時が最後だったと、

今年のお盆に、母と一緒に母の実家に行った時

90歳になる叔父が教えてくれた。耳耳

あの時のお葬式の事は、いまだに鮮明に覚えている。ひらめき

50年位前の、母の父親のお葬式の事

続きます。わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

写真が無いので

二か月に一度行く

ぴかぴか(新しい)「とうふ屋うかい」ぴかぴか(新しい)

お月見の雰囲気が漂うコースの写真でもわーい(嬉しい顔)

来月も行くことになったけど新幹線

やはりここは外せないexclamation×2揺れるハート揺れるハート

食べ飽きることがないお店だグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

DSC_0149.jpg

DSC_0151.jpg

DSC_0152.jpg

DSC_0153.jpg

DSC_0154.jpg

この揚げ炭火焼は特に美味しいグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

トッピングも自由だけれど

DSC_0159.jpg

全部のせて食べるのが好き揺れるハート

貧乏性の私exclamation×2

DSC_0158.jpg

ロ−ストビーフも絶品ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

DSC_0164.jpg

DSC_0168.jpg

DSC_0170.jpg

今回は二階のお部屋だった。

上からの眺めはまた情緒が違った。ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

DSC_0166.jpg
posted by まぁみちゃん at 20:01| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: