2018年10月28日

超ラッキー NO3

母のリハビリが数日前からはじまっている。がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)

手術の翌日からもうリハビリ開始がく〜(落胆した顔)

以前は、息子(母にとっては孫)が

母のリハビリを担当してくれた。ハートたち(複数ハート)
ハートたち(複数ハート)
それも、自分はスケジュールがいっぱいで

担当するのは無理だというのを

他の人ではおばあちゃんはよくならないexclamation×2

何とかして担当してほしいexclamation×2といい

朝病院へいったらおばあちゃんの部屋へいき

「おはよう・・・」

と声をかけてハートたち(複数ハート)

お昼休みは、出来る限りおばあちゃんの病室で

昼食を食べてレストランハートたち(複数ハート)

患者さんのカルテをかくときは

パソコンをおばあちゃんの病室へ持ち込んで

仕事をしてほしい等々・・・ハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)

親の権限をここぞとばかり振りかざし

息子に無理強いした私。わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

揺れるハート揺れるハート一番かわいい孫に毎日会えるから目目るんるんるんるん

苦しいリハビリにも耐えられて

全く動かなかった右手で箸を持ち

豆もつかめるし、階段も自力で上り下りできるまでになった。手(チョキ)手(チョキ)

ところが最愛の孫は、

今は他の病院へ勤務している。病院手(パー)手(パー)

何度も他の病院へ行っていると伝えたけれど

この病院へいるものだと信じて疑わない。もうやだ〜(悲しい顔)

女性のリハビリの先生が病室へ来られた時

違うパンチ孫じゃないちっ(怒った顔)嫌i
ちっ(怒った顔)ちっ(怒った顔)・・・

などと動く上半身でかなり抵抗したらしい。パンチパンチ

病院の方から息子さんがおられる病院で

リハビリを受けたほうがいいのでは・・・

それとも男性の先生のほうがいいかもしれない・・・

と言われてしまった。がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)

リハビリの先生が来られる直前に

母に話をした。わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

〇この病院にはもう務めてはいない。

〇この先生は上手なので自分の代わりに
 頼んできてもらっている。

など、孫からの伝言と称して話をしたら

「お願いします。」と言い

あっさり、おとなしくリハビリを受けた。手(チョキ)手(チョキ)


DSC_0265.jpg

次の日、

「今日は、もうええ明日にする」がく〜(落胆した顔)

「痛いからやめとく」がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)

「もう寝る」眠い(睡眠)眠い(睡眠)がく〜(落胆した顔)

など全くリハをしようとしない。もうやだ〜(悲しい顔)

仕方がないので

スマホでカメラ写真を写して見てもらうから

と言って、スマホを構えると

置きあがり

トイレに座るというリハビリも

顔をしかめ、痛い痛いと言いながらも

頑張ったexclamation×2手(チョキ)手(チョキ)

孫の名前は、水戸黄門の印籠と同じだ揺れるハート揺れるハート

リハビリの時間に行けないこともあるので

息子からおばあちゃんへの伝言と称した

励ましの手紙を書いて置いてきた。

リハビリの先生に

「これがあると助かります。」

と言われた。わーい(嬉しい顔)

リハビリの先生は、

前田先生から色々と教えていただきました。と言われ

看護師さんも息子の事をよく知っている方が多い

オペも「前田先生(息子の事)のおばあちゃん」ということで

二人の先生が手術に入ってくれた。

ラッキー手(チョキ)手(チョキ)

今日は、蓮台寺の火渡りと護摩炊きがあるため行ってきます。

一度も行ったことがないけど

こんな時だけ

神様仏様わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

ハイビスカス

DSC_0262.jpg

この花は亡き父が一番好きだった花だ黒ハート
I先生が咲いたからと持ってきてくれた。揺れるハート揺れるハート

仏壇の位牌に、母が早く家自宅に帰れますようにと

お供えした。


DSC_0229.jpg
posted by まぁみちゃん at 12:10| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: