2019年07月30日

ナンチャッテ セレブNO4


高級なレストランでは、写真をカメラカメラ写すのはバッド(下向き矢印)

ぴかぴか(新しい)品位にかけるとおもうので

遠慮することが多いわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

だけど

うかい亭のような、個室では写すけどカメラカメラ

今回はいくらなんでも・・・・・カメラパンチパンチ

と思いきや

写したカメラカメラ手(チョキ)

というのも、一番端っこの席手(チョキ)

そのうえ、となりは個室だった手(チョキ)

(個室での食事をされる方もおられた

特別個室料金 昼食時 10,800円 夕食時 16,200円

がプラスされる。やはりセレブな料金だグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

レストラン5時半からの予約だったので

ほとんど人がおられなくて手(チョキ)手(チョキ)

言い訳はともかくわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

一生レストラン食べられないであろう

ぴかぴか(新しい)高級中華料理ぴかぴか(新しい)をスマホに収めた手(チョキ)


見事な龍の模様のぴかぴか(新しい)ショープレイトぴかぴか(新しい)

DSC_7859.jpg

これを見ただけで この店の格式の凄さがわかったぴかぴか(新しい)

さらにアップでお見せしますね目
目
スプーンにご注目を目

DSC_7859.jpg

こんなスプーンは見たことがないぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
私如きが使ってもよいものかと思ってしまった。わーい(嬉しい顔)


まずは、シャンパンで乾杯exclamation×2

ショープレイトが下げられ前菜からのスタートるんるん

異なる調理法で仕上げた前菜盛り合わせ

DSC_7862.jpg

吉切鮫尾びれの姿煮込み

コラーゲンたっぷりの中華料理の主役だ

DSC_7865.jpg

高温で焼き上げたペキンダッグは
正式に目の前でのサーブ揺れるハート揺れるハート

DSC_7868_LI.jpg

一番楽しみにしていた料理だるんるんるんるんるんるん

DSC_7869.jpg

タイの国で食べたのが最初レストラン

焼いたアヒルが一羽丸まま席まで運ばれてきて目

皮を薄く切ってくれたけれど

日本に帰ってからは、お皿に切り取られた

肉もふんだんに付いている皮とのご対面ばかり

今回がたぶんexclamation&question二度目かなわーい(嬉しい顔)

丸のままの北京ダックとのご対面は。手(チョキ)

伊勢海老ハーフポーション
香港風醤油煎り焼き

途中から手で食べちゃった手(パー)手(パー)

DSC_7871.jpg

黒毛和牛
色鮮やかなレッドソースと共に

DSC_7873.jpg

〜お食事をお選びください〜

麻婆豆腐とふっくら炊き上げた白ごはん
     又は
南高梅冷麺

わたしは南高梅冷麺にした

DSC_7875.jpg

一緒に行った方は
麻婆豆腐とふっくら炊き上げた白ごはんにした。

InkedDSC_7876_LI.jpg

手作り香港スイーツの盛り合わせ

DSC_7879.jpg

料理の感想を書こうと思ったけれど・・・

どれも美味しく・・・グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

そんな普通の感想しか浮かんでこないひらめきもうやだ〜(悲しい顔)

次元が違い過ぎるぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

特に、ふかひれのスープは

タイの国で食べたふかひれのスープを髣髴とさせた。

タイの国でお仕事をしていた主人

何度も遊びに行った。

毎日それなりのドレスコードでぴかぴか(新しい)

夕食に連れて行ってくれていた。

今回でよくわかった。揺れるハート揺れるハート

一流のお店に連れて行ってくれていたのだということが揺れるハート

日本で何度かふかひれのスープをいただいたけれど

お店によって、スープの味付けが違い過ぎる

DSC_7859 (2).jpg

流石に、これだけのショープレイトを

置く店だけの内容だった。

つぎは アメリカンブレックファースト

続きます。わーい(嬉しい顔)
posted by まぁみちゃん at 16:16| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: