2013年11月26日

そうだ❦京都に行こう!NO3歴史の勉強

前回は、六角堂〜京都高島屋〜祇園でフレンチ{アベス}〜建仁寺まで。

続きです。

八坂神社から円山公園〜知恩院までにあった神社!

DSC_0769.jpg


以前はなかったと思う?
身も心も美しくなれるという、「美容水」
勿論たっぷりお肌につけて・・・(I先生)
勿論私もぴかぴか(新しい)

DSC_0766.jpg

DSC_0768.jpg


そして、「玉の輿神社」と言われる「今宮神社」に到着。
お参りは後回しにして「あぶり餅」をいただくことに!わーい(嬉しい顔)
日本最古の和菓子〜あぶり餅
女将さんが受け継ぐ 一子相伝の秘伝のたれ!
メニューは、あぶり餅のみ
今年で創業 1013年 
千利休も、茶菓として使ったとか。
DSC_0778.jpg

<二四代目の女将さん>

DSC_0783.jpg

<お幸せに〜〜>

DSC_0785.jpg


<今宮神社の紅葉>
DSC_0788.jpg

〜江戸時代のシンデレラ〜
{玉の輿物語}

今から400年ほど前のこと。
京都の八百屋仁左衛門の次女として女の子が誕生します。
その名を「お玉」(1627年)と言います。
父は、二条関白の本庄家に野菜を届けていました。
 しかし、父が急死してしまします。
支えを失い母は、お玉を連れて本庄家に奉公に行くのです。
やがてお母さんは、(たぶんかなりに美人だったのかも?)
本庄宗正の後妻に迎えられます。
つまり、お玉ちゃんの義理の父が、家紋を持つ本庄宗正ということです。
シンデレラストーリーの幕開けです。
大きくなったお玉ちゃんは、本庄家の紹介で就職がきまり
公家出身の尼僧の侍女となります。
お玉ちゃん13歳の時、つかえていた尼僧が
高貴な寺院の責任者になった挨拶をしに江戸へ行くことになりました。
勿論、お玉ちゃんんもお供でついていきます。
尼僧は徳川三代将軍家光に謁見しますが、家光は尼僧に一目ぼれ❦
この尼僧は、家光の側室として大奥に入りことになりました。
※尼僧なので、スッピンで頭は剃髪していると思うけど・・・
 よほどお綺麗だったのでしょうね。
この尼僧は、名前を改め「お万の方さま」となります。
お万の方さまの侍女としてお玉ちゃんも大奥で暮らすようになりました。
 18歳になったお玉ちゃんは、家光にみそめられて、
側室の一人に加えられ「お玉の方さま」と呼ばれるようになりました。
やがて、懐妊し20歳で男の子を出産します。
当時家光には2人の男の子がいました。
※跡目順位〜長男「家綱」次男「綱重」三男はお玉の方さまの子供
 したがってお玉ちゃんの子供は、将軍になる望みはとても薄かった。
1661年(慶安4年)お玉ちゃん26歳のとき、家光が死去。
4代将軍には11歳の嫡男「家綱」が就任しました。

お玉ちゃんは当時の慣習に習い、出家して「桂昌院」となり
子供とともに江戸藩邸に住まいしました。
1680年桂昌院54歳の時、「綱吉」が突然の病死。
しかし綱吉には子供がなく、世継ぎ候補の次男はすでに他界していました。
そこで、将軍候補は桂昌院となったお玉ちゃんの子供のみ。
「徳川綱吉」です。
1680年8月。桂昌院(お玉ちゃん)は、綱吉とともに大奥へ。
桂昌院は、三の丸様と呼ばれ、大奥での力は絶大となっていきます。
※76歳の時「従1位」という最高の位階になりました。
お玉ちゃんは、1706年6付22日、79歳で亡くなります。
この大出世ストーリーが「玉の輿」の語源だと言われています。
(八百屋のお山ちゃんが「輿」に乗った。玉ちゃんが「こし」にのった〜
 「玉の輿」)
正美ちゃんが「こし」に乗ったら「正の輿」となっていたことでしょう。
ちなみに、お玉ちゃんの血液型は、À型。身長は、146.8センチ。

実はあの「桂昌院」さまが、お玉ちゃんだったのです。

一休さん=619年前(1394年〜)・千利休=491年前(1522年〜)
お玉ちゃん=386年前(1627年〜)
三人ともあぶり餅を食べていたのかもしれませんね。
京都に行く機会があれば、日本最古のスイーツ「あぶり餅」を食べてみるのもいいかも?


<金毛閣>

DSC_0789.jpg

利休が切腹に追い込まれる一因となった「金毛閣」
大徳寺は、1319年創建当時は小さな庵だったのですが、
応仁の乱で炎上。
そんな時、あの一休さんが堺の豪商たちの支援を受けて大徳寺を再興しました。
有名な山門は、一休さんにより一階部分が,のちに千利休により二階部分が設けられ
「金毛閣」と名づけられました。
利休は、二階部分に仏殿を設けたときに数体の仏像のほかに「雪駄ばき」の姿をした
利休像を安置しました。
茶好きの豊臣秀吉は、大徳寺で茶会があるときには、この門をくぐることになります。
しかし、その上には雪駄ばきの利休がいることになり、秀吉は
「天下人にここを通らせるつもりか」と難癖をつけ、やがて利休は切腹に追い込まれます。
そのいわく因縁のある「金毛閣」です。







posted by まぁみちゃん at 21:54| Comment(0) | 美味しいお店
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: