2014年04月03日

救急車!

母が救急車のお世話になった。もうやだ〜(悲しい顔)
自宅で倒れた。がく〜(落胆した顔)
血圧が220を超え、めまいがひどくて立てなかったらしい。


ちょうど、華道会の評議員会議があり京都へ出張中の出来事。
病院 脳の検査は異常なし。
しかし、杖をついても歩くことができない。
自宅に帰って主治医の先生に往診をお願いした。
日中は病院に電話すればすぐ来てくださるとのこと。

ベットから起き上がるのも困難な状態。
自宅での介護を覚悟した。
早速、岡先生の勧めで訪問看護をお願いし、夜中でも駆けつけていただけるように手続き。
看護士さんがバイタルチェックとお風呂にも入れてくれる。
トイレ等、介護準備も万端手(チョキ)

「ミシンももう ようせんからから、捨てて!」
「マッサージ機もいらん」
「もう、なんも ようせんようになった。」
弱音を吐いてばかりふらふら

ひらめき「ミシンは捨てずに置いとかないと私は縫えないから!」
と言ったら、
ぴかぴか(新しい)ベットに横たわっている母の目が{キラッ}と輝いたのを見過ごさなかった私。

ミシンができるようになったら、
タオルを半分に切って、三つ折りにして縫ってもらいたいと伝え
タオルをテーブルに置いておいた。

次の日、おばあちゃんが復活したexclamation×2


タオルを半分に切っているわーい(嬉しい顔)

DSC_0232.jpg

三つ折りのアイロンかけ!

DSC_0233.jpg


そしてミシンで縫っている!るんるん

DSC_0236.jpg


次の日、「手芸センター ドリーム」にお買い物。
ベットカバーとシーツ2枚と枕カバー6枚を縫ってもらうために。

帰り、久しぶりに「ランチ」に誘ってみたら・・・
「焼肉」に決まりわーい(嬉しい顔)
やっぱりね〜〜わーい(嬉しい顔)

DSC_0228.jpg

完食!!レストラン


DSC_0231.jpg


次の日、アイロンかけとミシンを動かしていた。

DSC_0226.jpg



DSC_0223.jpg




そして、2日後グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

にんにくの皮むきとタケノコの木の芽あえを手伝ってくれた。


DSC_0239.jpg


洗濯はできないけれど、たたんでくれる。

「何か手伝いはないん?」
とせかしてくれる。

その翌日も「手芸センター ドリーム」でお買い物手(チョキ)

帰りに「ランチ」に誘った。


「テントウムシ」のランチレストラン

お肉と魚が選べる!
もちろんわーい(嬉しい顔)お肉!

前菜・スープ・メイン(桃太郎豚のピカタ)・ライス・紅茶とお菓子
全て完食!
「無理しなくても残したらいいよ!」
の答えが・・・
「オシイガ!」わーい(嬉しい顔)(注:もったいないこと)わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

「店の人が、あのおばあさんよう食べるなあ!」
と思うとるよなあわーい(嬉しい顔)と笑っていた。
帰りに
 
母:「ものすごう、おいしかったから、みな食べたわ」

ウエイトレスさん:「シェフに伝えておきます。シェフが喜びます。また来てくださいね。」わーい(嬉しい顔)

母:「黒ハートわーい(嬉しい顔)また来てあげようやexclamation×2

90歳での交通事故からも三半規管の障害からも復活したるんるん
94歳の母に脱帽揺れるハート揺れるハート揺れるハート



posted by まぁみちゃん at 18:50| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: