2017年02月21日

過去ログNO2

ブログの更新ができていない。もうやだ〜(悲しい顔)

またもや過去ログで急場しのぎです。わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

<京都編>

「玉の輿神社」と言われる「今宮神社」の門前に

日本最古の和菓子〜あぶり餅屋さんがある。

女将さんが受け継ぐ 一子相伝の秘伝のたれ

メニューは、あぶり餅のみ

今年で創業 1013年 

千利休も、茶菓として使ったとか。

DSC_0778.jpg

<二四代目の女将さん>

DSC_0783.jpg


〜江戸時代のシンデレラ〜
  {玉の輿物語}

今から400年ほど前のこと。

京都の八百屋仁左衛門の次女として女の子が誕生しますぴかぴか(新しい)

その名を「お玉」(1627年)と言いました。

お玉ちゃんの父は八百屋さんで、

二条関白の本庄家に野菜を届けていました。

しかし、若くしてお父さんが急死してしまします。もうやだ〜(悲しい顔)

お玉ちゃんの母は生活の為、

お玉を連れて本庄家に奉公に行くことになりました。

やがてお母さんは、本庄宗正に見染られ後妻に迎えられました。
(たぶん5かなりに美人だったのでしょうキスマークぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

つまり、お玉ちゃんの義理の父が、

家紋を持つ本庄宗正ということです。グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

カラオケシンデレラストーリーの幕開けです。

大きくなったお玉ちゃんは、本庄家の紹介で就職がきまり

公家出身の尼僧の侍女となります。手(チョキ)手(チョキ)

お玉ちゃん13歳の時に、つかえていた尼僧が

高貴な寺院の責任者になり、グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

その挨拶をしに京都から江戸へ行くことになったのです。

勿論、お玉ちゃんも江戸までお供をしました。足足

お仕えしている尼僧は徳川三代将軍家光に謁見。目

当然のことながらお玉ちゃんは、将軍様には謁見できません。もうやだ〜(悲しい顔)

その時、家光は尼僧に一目ぼれ揺れるハート揺れるハート

この尼僧は、家光の側室として大奥に入ることになりました。わーい(嬉しい顔)

※尼僧なので、顔はスッピン
 頭は剃髪していると思うけど・・・
 よほどお綺麗だったのでしょうね。キスマーク
ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)この尼僧は、名前を改め「お万の方さま」となります。

この尼僧さんは、よく時代劇で登場する目目

あの「お万の方さま」なのです。ぴかぴか(新しい)

お玉ちゃんは、お万の方さまの侍女として、

大奥で暮らすようになったので

京都へ帰ることが出来なかったのです。

そしてお玉ちゃんは18歳になりました。

この頃に家光にみそめられるのです。

ついに、側室の一人になっちゃいました。

お玉ちゃんは「お玉の方さま」と呼ばれ

やがて、懐妊し20歳で男の子を出産します。

男の子を出産したとはいえ

当時、家光にはすでに2人の男の子がいました。

跡目順位〜長男「家綱」次男「綱重」
そして三番目が、お玉の方さまの子供です。

したがってお玉ちゃんの子供は、

軍になる望みはとても薄かったのです。

1661年(慶安4年)お玉ちゃん26歳のとき、家光が死去。

4代将軍には11歳の嫡男「家綱」が就任しました。

お玉ちゃんは当時の慣習に習い、出家して「桂昌院」となり

子供とともに江戸藩邸に住まいしました。家

1680年桂昌院54歳の時、「綱吉」が突然の病死。もうやだ〜(悲しい顔)

しかし綱吉には子供がなく、

世継ぎ候補の次男はすでに他界していました。

将軍候補は桂昌院となったお玉ちゃんの子供だけ。exclamation

その子が「徳川綱吉」なのです。わーい(嬉しい顔)
1680年8月。桂昌院(お玉ちゃん)は、綱吉とともに大奥へ戻った。手(チョキ)

桂昌院は、三の丸様と呼ばれ、大奥での力は絶大となっていきますグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

※76歳の時「従1位」という最高の位階になりました。ぴかぴか(新しい)

お玉ちゃんは、1706年6付22日、79歳で亡くなります。バッド(下向き矢印)

カラオケこの大出世ストーリーが「玉の輿」の語源だと言われています。

八百屋のお玉ちゃんが「輿」に乗った。わーい(嬉しい顔)

お玉ちゃんが「こし」にのった〜わーい(嬉しい顔)
 
exclamation

「玉の輿」exclamation×2

正美ちゃんが「こし」に乗ったら「正の輿」となっていたことでしょう。わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

ちなみに、お玉ちゃんの血液型は、A型。

身長は、146.8センチ。

実はあの「桂昌院」さまが、

お玉ちゃんだったのです。exclamation×2

ご存知でしたかexclamation&question

このお話を知ってから「桂昌院」が出てくる時代劇を見るとTV

もっと面白く感じられかもしれませんね。るんるんるんるん

一休さん=619年前(1394年〜)

千利休=491年前(1522年〜)

お玉ちゃん=386年前(1627年〜)

三人ともあぶり餅を食べていたのかもしれませんね。

P1030659.JPG


京都に行く機会があれば、

日本最古のスイーツ「あぶり餅」を食べてみるのもいいですよ。手(チョキ)
本当に、美味しいです。グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

お腹がいっぱいでも、不思議なほど

かる〜〜く入っちゃいます。わーい(嬉しい顔)

おススメです。

向かいにもあぶり餅のお店があります。

食べ比べてもいいかなわーい(嬉しい顔)
posted by まぁみちゃん at 21:57| Comment(0) | 日記

2017年01月31日

岡山県華道連盟の交流会にて

昨日は、岡山県華道連盟の交流会がありお出かけ。車(RV)ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)

会場は ホテルホテル メルパルク岡山

午後6時からの開宴だった。

オカリナ&和楽器の演奏もあり

DSC_6346.jpg

交流会は和やかに時を刻んでいった。時計時計

※和楽器〜 原野 学さん

 オカリナ〜渡辺 史子さん

 演奏曲 (春の海)(よいまち草)(絵夢)(花は咲く)


その時、どこか見覚えのある顔が見えた。目目

確か 新見の三光正宗の「新酒まつり」にいった時車(RV)ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)

ぴかぴか(新しい)和服姿の品の良い女性の方とお話をした。わーい(嬉しい顔)

三光正宗の奥様だった。ぴかぴか(新しい)

ひらめきそういえば、よく行く「JA あしん広場」
岡山県新見市正田397-2
ふれあい広場・特産館・「焼肉 千屋牛」

駐車場でお見かけしたこともある。目


新酒祭りの会場には、大きな大作のいけばなもあった。かわいい

ご自身でいけられたとのことだった。グッド(上向き矢印)

私もいけばなをしている事をお話した記憶がある。わーい(嬉しい顔)

絞っても出ない「品」を無理やり絞り出しがく〜(落胆した顔)

舌を嚙みそうな、お上品な言葉遣いで話したっけ。わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

まあぴかぴか(新しい)「池坊」ぴかぴか(新しい)というブランドのイメージを壊してはいけない。exclamation

これでも池坊の先生の端くれだ。exclamation×2わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

かなり頑張ったっけ。exclamation×2わーい(嬉しい顔)

今年は3月4日(土)・5日(日)8時〜15時半までの二日間

この日の為に仕込んだ、濾過をしていない 

搾りたての三光の生原酒が販売されるわーい(嬉しい顔)

二日間だけの会場限定販売のため

予約もお取り置きも通販もなしとのこと。exclamation×2

お花の話よりお酒の話に花が咲いた。るんるんるんるん

勿論、行く気満々車(RV)ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)るんるんるんるん

お嫁さんのお爺さんに差し上げたら

「この酒は美味しい揺れるハート」と大好評だった。グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

あの時は、「和」のごあいさつをして 一応exclamation&question品よくお話をしたと思うexclamation&questionexclamation&question

exclamation×2

今回は、大笑いの連続わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

車で行ったのでアルコールは一滴も飲んでいないのに

よくもこんなバカ話が出来るものだと自分でも感心した。わーい(嬉しい顔)

「よしもと」ばりの冗談の大連発exclamation×2わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

勿論、お互いにexclamation×2exclamation×2わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

とっても楽しかったしるんるんるんるんすぐに打ち解けた。揺れるハート揺れるハート

年や流派は違っても、いけばなという共通点があるから。手(チョキ)手(チョキ)

南洲風文人華 という流派で

羽楽流の煎茶の教授でもあるという。ぴかぴか(新しい)

ぴかぴか(新しい)お綺麗で品性もあり会話も面白い、造り酒屋の奥さまぴかぴか(新しい)

ブログにアップする旨を伝えたら

自分がきれいに写っている写真を使ってと言われた。わーい(嬉しい顔)パンチパンチ

「そんなぁ〜 私がきれいに写っているのにするわよ。」わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

と言い返した。わーい(嬉しい顔)

近くにおられた池坊の支部長に写してもらったけれど

1〜2枚では実物以上に綺麗にカメラ写ったのがないかもしれないからと

連写してもらったけれどカメラカメラカメラカメラカメラ

大口あけて大笑いしている写真ばかりわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

使えるのがこれしかなかった。もうやだ〜(悲しい顔)

DSC_6350.jpg

次回お会いするときには

もうお友達になったような気分でお会いしますね。るんるんるんるん手(チョキ)

3月が楽しみだ。exclamation×2


新見市哲西町上神代951

三光正宗株式会社

アッexclamation×2

いけばなの先生らしいブログにしなければパンチパンチ

照葉椿 入りましたグッド(上向き矢印)

DSC_6354.jpg

早々と 木苺も葉っぱが出ています。わーい(嬉しい顔)

DSC_6356.jpg

こんな珍しい カーネーションも入荷しています手(チョキ)手(チョキ)
(ミニティアラ ライラック)
(ミニティアラ ミルク)

DSC_6357.jpg

マーガレットもね手(チョキ)

DSC_6358.jpg

スイトピーや菜の花も春を告げています。るんるん

DSC_6359.jpg

はじめて見た目目 菊ぴかぴか(新しい)
(サイレント)

DSC_6360.jpg

桃もピンクと白 入っています。手(チョキ)

ヨッシャー手(チョキ)手(チョキ)

これで いけばなの先生らしいブログになったぴかぴか(新しい)

ことにしょうわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)


posted by まぁみちゃん at 21:15| Comment(0) | 日記

2017年01月26日

フナ飯

大分県の園児達に、冷凍にした「たこ焼」を送った。

電話電話がかかってきた。

「今、口を赤くして、走り回っている」と

なんのことかと思って聞いたら耳耳

小さい子なので、たこ焼きにケチャップをつけて食べさせたら

口にケチャップをつけたまま走り回っている足足

ということだった。

まあ「たこ焼き」と読んではいるものの

シャウエッセンや竹輪・チーズ、餅が主流で

タコと言えば「キムたこ」と通常の「たこ焼き」

買えないたこ焼きを食べたほうが面白いかなぁ〜〜

と言うことで

「なんちゃってたこ焼き」をおくっていた。

作り方のレシピを聞かれた。手(チョキ)手(チョキ)

今回は、岡山県の伝統料理

「フナのかけ汁」要するに「フナ飯」を

保育園に送った。

勿論、送ってほしいとの携帯電話連絡があっての事。

今頃は届いていると思う。プレゼント

園児達の反応はいかにグッド(上向き矢印)バッド(下向き矢印)


レストラン「フナ飯」


主に岡山県南部の郷土料理かな

岡山県はとてもため池が多いので、フナが沢山取れる

それで郷土料理になったのかも。exclamation&question


亡き父が毎年寒鮒を釣ってきて作ってくれていた。レストラン

池のフナは泥臭いので、大きな 金属製のたらいの横に

(私が赤ちゃんの時に沐浴していたたらい)

沢山の穴をあけて井戸水を流しながら

一週間ほど生かしておき それから作っていた記憶がある。

臭みが抜けていい感じにはなるけれど

ミンチにするときは出刃包丁を両手に持ち叩いてミジンにしていた。

ミンチにする道具(ミンサー)が無かった時代

口に入れると骨があたり、もぞもぞした

あまりおいしいとは思わなかったけれど無理して食べていた。

好き嫌いは許されなかったから。

鮒のミンチがスーパーでも買えるようになり

臭みもなく、骨がましくもなくやっと鮒のかけ汁が美味しいと

思えるようになったのは40年位前のこと

今年は、本ぐりの鮒ミンチに出逢った。
※東久わたなべ生鮮館に 鮒のミンチが寒の季節のみ売られている。

「本ぐり」なので、骨なんかどこにあるのかわからない

骨があたることもなく、脂がのってとっても美味しい。

作り方は家庭によって違うと思うけれど

父が作っていた過程を思い出し

味を思いだし

自分勝手に作っている。わーい(嬉しい顔)

こんなことなら父によく教わっとけばよかったのにと

後悔している。もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)

  <私の 鮒のかけ汁の作り方>

ごま油で鮒ミンチを色が変わるまで炒め

牛蒡・大根・人参・里芋・アゲ・コンニャク・

キノコ色々をいれて強火で炒める。

※鮒ミンチと里芋は多めがいい

軽く炒めたら出し汁と酒とみりんを加えて炊き

塩と醤油で味を調える。(薄味ね)

砂糖を入れるという話も聞いたことがあるけれど

入れない。

父が作ってくれた前田家伝統の「鮒のかけ汁」

父はフナ飯とは言わず「フナのかけ汁」って言っていた。

父も何百年も昔から作られていたものを代々受け継いで来たはず

大昔は、砂糖なんて貴重品でなかなか手に入らなかったと思う。

酒はあったと思うので、酒多め、わーい(嬉しい顔)

前田は酒豪ぞろいの家系exclamation×2

入れる酒の量を少なくして、飲むほうに回していたかもしれないけどわーい(嬉しい顔)

塩もあるし醤油も家で作っていた。

鮒は釣ればいいし、

野菜は自家製だったと思う。

父はコンニャクを入れていたけれど

私は沢山作って冷凍にするのでコンニャクは入れなかった。

最後に豆腐を多めに入れてご飯にかけ

ネギをどっさりのせて出来上がり。手(チョキ)

鮒のかけ汁は、白ごはんにかけて食べるけれど

ご飯と汁は同量に近いくらいどっさりかけるわーい(嬉しい顔)

一品でこんなに身体にいい料理はなかなかないだろう。手(チョキ)

素晴らしい郷土料理だ。ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

DSC_6307.jpg

鮒と聞いて、食べたくないと思う人は多いと思うけどもうやだ〜(悲しい顔)バッド(下向き矢印)

食べたら美味しい事がわかってもらえる。グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)るんるん

鮒の臭みなんか全くない。ぴかぴか(新しい)

出来立ても美味しいけれど手(チョキ)

時間が経過したほうがさらに美味しい感じがする。グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

たとえば、朝作って夕食に食べるとか

次の日の朝食に食べるとかね。わーい(嬉しい顔)

炊き込みご飯も同時進行して作ったけれど

同じく、炊きたてより数時間置いたほうが美味しいグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

私は思う。わーい(嬉しい顔)


作ってみたいexclamation又は食べてみたいexclamationと思った人は

稽古に来られる日時を事前に教えてくれたらメール

試食できるように準備しておきます。わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)揺れるハート
posted by まぁみちゃん at 20:27| Comment(0) | 日記