2017年10月24日

水島支部花展に行ってきました

かわいい水島支部花展に行ってきました。車(セダン)ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)

いつものことで、パンチパンチ

遅ればせながらのブログアップ。もうやだ〜(悲しい顔)

10月14日〜15日

「花の力 ・・・ 今ここに」をテーマに

倉敷市環境交流スクエアにて開催されました。ぴかぴか(新しい)

先生方はお着物でのお出迎え目目ぴかぴか(新しい)

青年部の方たちは、いけばな体験の指導の為ユニフォーム姿

<いけばな体験をした子供たちの作品>


DSC_7798.jpg


水島支部さんは、とても勢いがあると思う。グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

作品もぴかぴか(新しい)素晴らしかったけれど

支部内の空気感がとても心地よかった。揺れるハート揺れるハートるんるん

支部長先生の御人柄揺れるハートもさることながら

支部の先生方も協力的なのだと思える。わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

そうでないと、あそこまでまとまらないだろう。手(チョキ)手(チョキ)

入門間もない方からベテランの先生まで

101名の方たちが出瓶しておられた。かわいい

DSC_7791.jpg

DSC_7787.jpg

DSC_7795.jpg

DSC_7784.jpg

中でも私の目に飛び込んできた目
目四方正面の自由花の大作

DSC_7786.jpg

DSC_7785.jpg

大作と言えば、お金と時間そして体力がいる。

これからの時代

誰かにお願いして大作をしてもらうのではなく

自分でできる範囲内での大作

今はそういった時代だと思うexclamation

そんな話を、製作者の先生にお話した。わーい(嬉しい顔)
わーい(嬉しい顔)
本人は、とても恐縮されていたが

近年まれに見る

とてもぴかぴか(新しい)面白い大作ぴかぴか(新しい)だった。グッド(上向き矢印)
グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
※ちなみにいけばなの世界では
「面白い」は最高の褒め言葉です。グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

勉強させていただき

ありがとうございました。わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)
posted by まぁみちゃん at 19:00| Comment(0) | 日記

2017年10月21日

日本いけばな芸術四国展 NO6

ぴかぴか(新しい)日本いけばな芸術四国展 NO6ぴかぴか(新しい)

手直し(花が痛んでいたら新しい花にいけかえること)から、

撤花(花展が終わり、花を片付けること)までの時計時計時間を持て余していた。exclamation

玉藻公園の次はサンポート高松で作品を見て目目

少し早いレストラン喫茶店昼食を済ませて、栗林公園へ向かった。車(セダン)ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)

商工奨励会館の作品を拝見して、目目

芝生や玉砂利、池の中などの諸流派の大作をみて目目

あの暑さ晴れ晴れもうやだ〜(悲しい顔)から逃れようと

栗林公園でも、やはりH先生と和船に乗船した。わーい(嬉しい顔)

水深が50センチほどなので、ライフジャケットは無しにした。わーい(嬉しい顔)

乗船の記念写真をと船頭さんが言ってくれたのでにスマホを渡して

二人でとびっきりの笑顔でハイポーズわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

ところががく〜(落胆した顔)

大慌てで船頭さんが駆け寄ってきた。足足

「何処に触ったのか自分が映ってしまったexclamation&questionもうやだ〜(悲しい顔)。」

「削除してください。すみません。もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)」。

と申し訳そうに言ったわーい(嬉しい顔)

削除なんかするもんかわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

その写真がこれ

DSC_7732.jpg

リベンジ

DSC_7731.jpg

「南湖」をめぐる30分間の舟遊び。(610円)

船頭さんのガイドは面白おかしくわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)勉強にもなった。わーい(嬉しい顔)手(チョキ)

<橋の下ギリギリで船が通過>
座高の高い方でもぶつからない。
DSC_7753.jpg

和船で見る、高松松平家の歴代藩主が愛でた庭の風情は格別。ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

徒歩では味わえない景色ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

掬月亭〜四方正面の数寄屋造りで

歴代藩主が大茶屋と呼びこよなく愛した建物。

DSC_7749.jpg

和船の乗船チケットを見せると、

200円引きになるお抹茶を頂きわーい(嬉しい顔)

後は撤花までの時間をのんびりと時計時計ハートたち(複数ハート)

畳の上で、ボーっと景色を眺めた。目目るんるん

英語や、フランス語が周りで聞こえた。耳耳

フランス人の方たちが家族で、お抹茶の体験をしていた。わーい(嬉しい顔)

Yさんが日本に帰っていれば、コミュニケーションがとれたのに・・・わーい(嬉しい顔)

Yさん どうしているにかなぁexclamation&questionexclamation&question揺れるハート

ボンジュールわーい(嬉しい顔)

ボンソワールわーい(嬉しい顔)

オルヴォワールわーい(嬉しい顔)

Yさんが帰って来たら飛行機

「コマンタレヴー」って言ってみようかなわーい(嬉しい顔)
わーい(嬉しい顔)めちゃくちゃな発音でexclamationわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

あ〜〜Yさんに会いたくなった。揺れるハート揺れるハート

話は戻って

あの暑さ晴れ晴れでも、湖畔の掬月亭は心地よかった。るんるんるんるん

心地よい風と庭の眺め、静かな時を掬月亭で過ごした。揺れるハート揺れるハート

何もしない贅沢な時が、心も癒してくれた。黒ハート

和船の船頭さんが教えてくれた。手水鉢があった。

DSC_7762.jpg

大きな耳のうさぎの形をしていた。

ススキが、植えられていて手水鉢に映し出されていた。

DSC_7763.jpg

その手水鉢にススキと満月月が映れば・・・グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

粋な趣向だ。ぴかぴか(新しい)
ぴかぴか(新しい)特に栗林公園の和船は、ほんとによかった。るんるんるんるん

栗林公園へ行ったら「和船」がおすすめ。exclamation×2

予約もできるそうです。わーい(嬉しい顔)

それにしても、掬月亭の雨戸の閉め方が気になる。

DSC_7759.jpg

DSC_7760.jpg

この角っこが曲者exclamation&questionexclamation&question

家帰ってから

掬月亭の128枚の雨戸の閉め方で検索したら

YouTubeでしめ方の映像があった。目目

誰だexclamationこんなのひらめき考えた人はexclamation×2グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

素晴らしいexclamation×2

ものはついでわーい(嬉しい顔)二条城の雨戸の閉め方も見た。目目

笑ってしまった。わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

興味のある方はネットで検索してみてください。わーい(嬉しい顔)

機会があれば二条城の閉館間際まで居残ってみようかな。わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

日本いけばな芸術四国展の撤花時に

「今日の集計はできていませんが、

入場者数が、昨日までで3万9千人を超えているので

4万人越えでしょう。大盛会でした。」

とのご挨拶があった。

流石exclamation×2ぴかぴか(新しい)日本いけばな芸術展ぴかぴか(新しい)

皆様、ご多用のところ

ご来場いただきましてありがとうございました。


いけばなの世界が右肩上がりになりますようにグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

DSC_7681.jpg



posted by まぁみちゃん at 12:18| Comment(0) | 日記

2017年10月19日

日本いけばな芸術四国展 NO5

遅れ遅れで、日記にはならないけれどもうやだ〜(悲しい顔)わーい(嬉しい顔)

ぴかぴか(新しい)日本いけばな芸術四国展 NO5ぴかぴか(新しい)

  <高松市立玉藻公園>

日本いけばな芸術四国展の最終日(10月10日火曜日)のことかわいい

朝、手直しをしたら夕方の撤花まで することがないふらふら

暑い晴れなんという暑さ晴れ晴れ

(10日ほどで、この寒暖差グッド(上向き矢印)バッド(下向き矢印)はあり得ないと思う今日この頃。)

ひらめきそうだexclamation船があった。和船に乗って時間つぶしと暑さしのぎをすることにした。手(チョキ)

玉藻公園(高松城跡地)の和船「玉藻丸」にH先生と乗船

傘に法被スタイルになった。

DSC_7702.jpg

お魚の餌付き(海の魚の真鯛や黒鯛)

DSC_7706.jpg

この船についていけば餌にありつけると

DSC_7690.jpg

真や黒鯛が、わんさか寄ってきて和船と並走

DSC_7704.jpg

餌をあげたら、餌の争奪戦の凄まじいことがく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)わーい(嬉しい顔)

勿論、ガイド付きで30分の乗船でした。るんるんるんるん

特に石垣の話は面白かった。手(チョキ)

DSC_7689.jpg

たしかexclamation&question

「水戸黄門」のTVドラマで、

讃岐高松藩主の頼常(光圀の長男)が

水戸光圀公が高松城に来たとき

「御父上様」と呼んでいたように思う。わーい(嬉しい顔)

それで 飛雲閣の屋根瓦が三つ葉葵exclamation×2

納得した。わーい(嬉しい顔)

※1642年(寛永19年)松平頼重が

東讃岐12万石領主として入城。

松平頼重は、徳川家康の孫で、光圀の兄にあたる

松平氏の治世は11代228年にわたった。

現在の玉藻公園の面積は約2万4千坪で、当時と比較すると

8分の1ほどとか。

高松城は、彦根城と姉妹城縁組していますが

11代藩主の奥方が彦根藩主であった井伊直弼の次女

千代姫が輿入れしている縁からとか。

松平5代藩主頼恭は、平賀源内に薬草園を作らせた。

此の薬草園が栗林荘(栗林公園)

製糖技術を学ばせて白糖の製造にも着手し

讃岐三白一つの讃岐和三盆ができ、

9代目藩主は坂出の浜に日本最大級の塩田を開発。


少しでも、高松城のことを勉強してから行けば

もっと有意義だったのにと少し後悔。

日いけの会期中(8日日曜日)

手直しの後、前回のリベンジを果たそうと

同じチェーン店のうどん屋さんへ行った。

DSC_7667.jpg

朝食は、しっかり食べていたけれど

早く行かないと、なくなる「高野豆腐の天ぷら」

前回は11時10分に行ったのに

もうなかった。

今回は、10時過ぎ

無かった

お店の片に、「高野豆腐の天ぷらはないのでしょうか」

と聞いたら

「待ってもらえれば、揚げますよ」

とのこと

勿論待った。

おうどんは「小のかけうどん」200円

天かす・ネギ・昆布・スダチは無料のトッピング

したがってこれで200円。


DSC_7668.jpg


しばらくして、念願の高野豆腐の天ぷらがきた。

DSC_7669.jpg

かなり硬めの衣だった

食べてみたわーい(嬉しい顔)

DSC_7670.jpg


自宅で作れる手(チョキ)手(チョキ)


posted by まぁみちゃん at 21:12| Comment(0) | 日記