2012年03月12日

水仙さんへ

水仙さん。しばらくでした。
立花!こつこつと頑張ってくだしね。
ご質問のお答えです。
先生によっても見解が違うこともありますので、
了承して下さいね。

@体谷について。
 体谷・体落などの言い方は、以前の(昔)言い方です。
 最近は、「体内」と呼ばれています。
 要するに、(真・副・体)以外は、すべて「あしらい」
 です。1種・2種・3種生すべてにあってよいものです。
 ※あるのは、2種生のみでは?のご質問ですが、
  体真は、2種生のみにあります。
  ようするに、2種生の場合、
  体(根ジメ)にも「真」「副」「体」があるためです。
  「体」の中の「真」が体真です。
  魚道生・水陸生を思い出して下さい。
  2株のそれぞれに、真・副・体がありますよね。
  二種類の花材で生けられたそれぞれの生花が、
  一つの生花(二種生)になったと
  考えれば、わかりやすいでしょうか?
  よけいに、難しくなったかな?
  「体谷」又は、「体落」と呼ばれていたのは、
  体の中で、一番低いところ(谷になっている)所から
  そう呼ばれていたと記憶しています。
  それで、2種生のみに体谷があるのだと・・・
  それはそれで、間違いではないと思います。
  
  

A体奥について
 通常 1種生には、入れます。
 2種・3種生に入れては駄目、
 ということはありません。
 ※私は、必要と思えば「風情の一枝」として
 2種・3種でも入れています。
 風情〜ですので、風情のある枝を選んで下さいね。


B3種生
 生花の自由花みたいだと、思っています。
 「真・副・体・水際・陰方・陽方」があれば
 生花です。生花の」品位を保ちつつ、自由に
 生けてよい?のが3種生でしょうか?
 
いけながら指導や説明をするのは、
理解していただきやすいのですが・・・
文章にするとよけいに解りにくく
(私の文章が下手なせいですが。)
なってしまい、申し訳ありません。
春です。「花展が集団でやってきた。」
状態で、バタバタしています。
私で、お役に立てることがあれば、
いつでも「ブログ訪問」して下さいね。

posted by まぁみちゃん at 14:15| Comment(1) | コメントのお返事

2012年02月16日

水仙さんへ

お名前がわからないので、とりあえず、「水仙さん」にしました。
水仙一色は、大変だったと思います。
立花の初心者の方が、ご自分でいけるのは無理な話です。
でも、そのすばらしさは、おわかりいただけたと思います。
水仙に針金を通すのも、意外と簡単だったでしょぅ。
コツは、針金の先をきれいに(曲がりが無いように)カットすること。
針金を長く持たないで、短めにもち少しずつ入れていくと針金が曲がらずに
葉先まで通ります。(ペンチの持ち方使い方も覚えられましたか?)
真は、除真でしょうか?前置は何を使ったのかな?
戸惑いながら、出来上がっていく作品に感動されているお姿が目に浮かびます。
受筒を使用していると思います。毎日水を足してくださいね。
うっかり忘れてしまうことも・・・そんなときには、受筒に挿してある水仙の
切り口に、ステムテープやティッシュを巻いておくと、切り口が乾きにくいので
良いと思います。
時間があるのならば、自分で残り花材(水仙)に針金を通す練習や
花の扱い方など自宅練習をされると上達が早いですよ。
頭で覚えるより、身体が覚えるまで基本を練習すると忘れないです。
いま、時間のあるうちに身体に覚えさせてはいかが?
忙しくなったら、なかなか出来ないでしょうからね。
お金は・・・う~~ん。天下の回り物!答えになってないですね。(笑)
水仙の研究会に参加させてくださるなんて「水仙さん」の先生は、
前向きで素敵な先生ですね。

また、お便り待ってます。
posted by まぁみちゃん at 19:24| Comment(0) | コメントのお返事