2018年01月11日

稽古始め

今年は9日(火曜日)からが稽古始めかわいいかわいい

来週は、たこ焼きパーティーるんるんるんるん

花工房 Maetaの人口密度が多くなる週だ。

来週は毎日、タコ焼きの準備わーい(嬉しい顔)

頑張らなければわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

ブログの更新が滞っていたのはもうやだ〜(悲しい顔)

5日から8日まで横浜に行っていたから。わーい(嬉しい顔)

富士山を左横に見ると目

5日には頂上には雪があまりなかった。exclamation×2

8日は深夜だったので眠い(睡眠)眠い(睡眠)爆睡中に通過。新幹線

でも8日は、お部屋から目見える富士山山頂は

白かったから、雪が降ったのね。雪雪

ランチは、100本のスプーンにもいった。

毎日昼食と、夕食は外食レストランレストラン手(チョキ)

まあ、外食は料理のお勉強だと思っているから

罪悪感はない手(チョキ)手(チョキ)

絶対、外せないのがるんるんるんるん

いつもの ぴかぴか(新しい)「うかい亭」ぴかぴか(新しい)での食事レストラン

やはり最高だわグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

美味しくないものが 無い揺れるハート揺れるハートぴかぴか(新しい)

DSC_7973.jpg

今回は、うかい亭の とうふ屋バージョンのお店にもいった。

とうふ屋さんは、3度目かな 4度目かな

名物とうふ料理と牛すき鍋コースの中ではだけど

揚げの炭火焼と ぴかぴか(新しい)

くみあげとうふは、ぴかぴか(新しい)

絶品中の絶品ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

勿論、うかい特選牛は言うまでもないけどexclamation×2グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

あまりに美味しすぎてグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

肝心のお豆腐料理のメインは

写真を写すのも忘れて食べてしまった。

だから、カメラないもうやだ〜(悲しい顔)

DSC_8363.jpg

DSC_8373.jpg

DSC_8374.jpg

DSC_8379.jpg

DSC_8375.jpg

DSC_8376.jpg



<とうふ屋うかい 鷺沼店>

のれんをくぐればそこは江戸

新内流しの音色に包まれ

粋と風情の世界が広がる

数寄屋造りに蔵造り、粋な母屋や離れの座敷など、

ひとたび足を踏み入れれば、

味わい深い日本の佇まいが広がります。

喧騒を忘れさせる落ち着いた空間で、

こだわりのとうふ料理を存分にご賞味ください。

とある。

あのデヴィ夫人いわく

日本のレストランで、ここまで金をつかって作った

お店は他にない 

世界のVIPを招待するときは

銀座のうかい亭と

東京 芝 とうふ屋うかいをよく使ってしているようだ

両方とも絶賛している。

値段はよく知らなかったけれど

ネットで見たら 

なんと

私にも払える金額だった。手(チョキ)

デヴィ夫人は、料理長の特別メニューだと思うけど。わーい(嬉しい顔)

機会があれば

是非レストランレストラン




posted by まぁみちゃん at 21:26| Comment(0) | 美味しいお店

2017年11月18日

七夕会 欠席

ブログの更新が滞っている。もうやだ〜(悲しい顔)

何かと行事が多いこの季節exclamation×2

児島支部花展も目前目目

毎日遅くまで下稽古が続いている。かわいいわーい(嬉しい顔)

この世界に入って初めて七夕会を欠席した。がく〜(落胆した顔)

一才のお誕生日の一大イベントがあったからハートたち(複数ハート)

一升のお餅を背負って歩く行事足足

最近では、お餅をリュックに入れて背負ったり

お餅を紅白にしたり餅に名前を書いたり

後で分けやすいようにと小餅にしたりと

色々と工夫されているけれどわーい(嬉しい顔)
「ひめの餅」が一番おいしいお餅だと思っているので

県北までお願にいった。車(セダン)ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)

風呂敷は、石川五右衛門で有名になった唐草模様の風呂敷を

京都の老舗の風呂敷専門店「唐草屋」で購入。

池坊の本部の(六角堂)すぐ近くにある。

石川五右衛門で有名な風呂敷だ。

昔は、ムード結納や嫁入り支度をこの唐草模様の大風呂敷に包んだものだ。

一家に一枚 唐草模様の大風呂敷があった。

要するに縁起がいい模様だ。ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

唐草文様

つる草が四方八方に伸びてからみあう文様で、

どこまでも伸びていくツタは、生命力の象徴。

一族の繁栄や長寿を意味し

縁起がよい吉祥文様として愛された。


羽織袴のベビー服でソックスは足袋模様

昔ながらのスタイルで行った。わーい(嬉しい顔)

「尻餅をつく」のも厄を落とすという意味で縁起がよい。

「一升」と「一生」をかけて

「一生食べ物に困らないように」という意味もあり

「一升餅」と呼ぶようになった。

丸い餅にかけて「一生円満に長生きできますように」

という願いも込められています。

そして

背負ったexclamation

転んだexclamation×2

泣いたexclamationexclamation×2exclamation×2わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

そのあとはお決まりの「うかい亭」での

お祝ディナーレストラン

この一年で、5回行ったことになる。手(チョキ)手(チョキ)

トランプ大統領の接待で夕食に招待したのが

銀座の「うかい亭」レストラン

私たちが行くのはあざみ野の「うかい亭」

DSC_7973.jpg

DSC_7983.jpg

DSC_7985.jpg

DSC_7989.jpg

DSC_7993.jpg

DSC_8006.jpg

ガーリックライスといつも迷うけれどわーい(嬉しい顔)

そうめんにした。カメラ食べさしだけどわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

DSC_8017.jpg

DSC_8018.jpg

別室に行き、選べるデザートるんるんるんるん

DSC_8019.jpg

あれもこれもとついつい揺れるハート揺れるハート

カラオケダイエットは明日から〜〜

歌ってみた。るんるんるんるん

DSC_8022.jpg

DSC_8023.jpg

DSC_8024.jpg

DSC_8026.jpg

DSC_8027.jpg

DSC_8028.jpg

食べすぎた。exclamation×2もうやだ〜(悲しい顔)


主役の一歳の赤ちゃんは、

蝶ネクタイで「うかい亭」へ行ったけれど

「うかい亭」の食事は食べられない。失恋

お母さんの手作りの離乳食を食べていた。わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

気の毒に・・・レストランわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)


posted by まぁみちゃん at 19:09| Comment(0) | 美味しいお店

2016年08月02日

京都 澤正

京都 蕎麦懐石レストラン

「澤正」さんへ行ってきた。新幹線

数か月前だけど・・・わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

諸事情有でわーい(嬉しい顔)

すぐにアップはできなかった。exclamation

まあ一部のお弟子さんは知っているけれどね耳耳

ほとぼりもさめたころなので・・・手(チョキ)

ぴかぴか(新しい)「澤正」ぴかぴか(新しい)

京都市東山区今熊野剣宮町33-22

TEL:075-561-4786

定休日 奇数月は水曜日、偶数月は火曜日(祝祭日は除く)


「昼「」の蕎麦懐石は以前にアップしたけど

こんかいは「夜」夜

晴れお昼〜12時〜午後2時半(入店最終時間)

昼のそば会席4200 円(税込)6200 円(税込)


こんかいは、夜の蕎麦懐石でした。

夜夜〜午後6時〜午後7時半(入店最終時間)

夜のそば会席 6000 円(税込)8000 円(税込)


月毎に献立が替わります。ぴかぴか(新しい)

北海道寿都郡・落合勝雄さんのそば粉、

地元山科・神田農園の朝採り無農薬野菜など、

旬の素材を活かした創作そば会席。


元は豪商の迎賓館だったとか。ぴかぴか(新しい)

昭和の初め頃、

伊勢神宮の神木古材(桐と檜)を利用して建てられたらいい

天井・長押(なげし〜鴨居の上につける横木)

床挿しに いかさている

DSC_4183.jpg

DSC_4180.jpg

茶室の 襖は唐長

DSC_4177.jpg

この襖は、もみじの図柄になっている

外にある

もみじの影が襖に映っているように思える図柄だ

粋さが感じられたぴかぴか(新しい)
ぴかぴか(新しい)
唐長は、1624(寛永元)年創業

江戸時代から唯一途絶えることなく続く、唐紙屋です。

文様が彫られた板木を使って、

和紙に色をのせた唐紙は襖や壁紙に用いられてきました。

桂離宮や二条城といった歴史的建造物の襖は

今に受け継がれる唐長の仕事。


天井は 網代【竹・檜などを編んだもの】

DSC_4184.jpg

節目板

DSC_4179.jpg


洋室は、船豪華客船タイタニックの頃にはやった建築様式


床は寄木つくり 

ステンドグラスがはめてある

DSC_4181.jpg

作家物のステンドグラスだぴかぴか(新しい)

枝垂桜は、有名な円山公園の先代の桜と姉妹株ぴかぴか(新しい)

樹齢80年を超えているグッド(上向き矢印)

枝垂れ梅 枝垂れ桃 ハスの花が四季折々に出迎えてくれる

DSC_3824.jpg

蕎麦ボウロが染め抜かれたのれん

DSC_3822.jpg

さあ手(チョキ)
食事だレストランるんるんるんるん


続きは

次回にわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

それにしても

流石 京都だぴかぴか(新しい)

京都駅のエスカレーターも 京都らしかったぴかぴか(新しい)
DSC_4244.jpg

posted by まぁみちゃん at 10:59| Comment(0) | 美味しいお店