2015年09月24日

<ご先祖様>NO24

<ご先祖様> NO24

〜古文書の続き〜

うん〜〜がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)

所々しか目

読めないもうやだ〜(悲しい顔)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)

CIMG1598.jpg


CIMG1599.jpg



同年代の方わーい(嬉しい顔)

覚えていますかexclamation&question

スカートを 寝押ししていたことわーい(嬉しい顔)


neosi.jpg

アイロンを当てると てかってしまうexclamation×2もうやだ〜(悲しい顔)

寝る時に布団の下に敷いて寝ると眠い(睡眠)眠い(睡眠)

一日着てだらしなくなったスカートのプリーツがもうやだ〜(悲しい顔)

きれいに整列してくれる。ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

小学生の頃、ほぼ毎日寝押しをしていた。手(チョキ)

母が自分のお布団の下に、スカートをきれいにたたんで

敷いて寝てくれていた。眠い(睡眠)眠い(睡眠)

私もしたいと 寝押しをしてみた。手(チョキ)手(チョキ)

翌朝、 皺だらけになったスカートががく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)

布団の下から現れたときには、パニックになった。モバQモバQ

学校に穿いてはいけない状態。バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)

「・・・・・・・・」泣きそうだった。もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)

母は、朝食を食べている間にレストラン

スカートにアイロンを当ててくれた。ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

学校にいけた。るんるんるんるん

ひらめきよく考えてみると

私は、覚えている限りでは

布団を敷いて寝たことがない。眠い(睡眠)眠い(睡眠)

ずっと、ベッドだった。exclamation×2

昔のベッドは、スプリングが柔らかく出来ていた。

そのうえに敷布団をのせて寝ていた。眠い(睡眠)眠い(睡眠)

寝ぞうも悪かったけれど・・・・パンチパンチ

下が畳ではなくベッドだったので、皺になるはずexclamation×2わーい(嬉しい顔)

ある日、父はWベットを買いかえた。

畳屋さんを呼んだ。電話

そして畳のベッドができ上がった。ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

そのうえに、式布団を敷いて寝ていた。眠い(睡眠)眠い(睡眠)

新しいベッドのスプリングは

使われないまま

捨てられていた。がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)

今は、畳のベッドがあるけれど当時は無かったのだろう。

50年位前の話。わーい(嬉しい顔)

どうしてそんなことをするのか聞いたら耳耳

畳をあげて干していた時代。わーい(嬉しい顔)

スプリングは、

「干せん!」晴れ晴れ

と言った。

そういえば畳をあげて、干して

「パタパタ・ポンポン」とたたいている光景を見ないなあ目目

父の部屋は畳ではなく

木でできていた。

そう、フローリング。exclamation×2

毎日コーヒーを飲んでいた。喫茶店

母は、初めてコーヒーを飲んだ時

こんな苦くて美味しくないものを

よく飲むなあと思ったとかバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)

ようするに美味しくなかった。exclamation×2

70年以上前のこと。わーい(嬉しい顔)

母は、毎日コーヒーを飲んでいる。喫茶店

そして、仏壇にもコーヒーをあげましている。黒ハート

午後三時頃には、

時計「チィーン」という鐘の音とともに

仏壇のコーヒーをお腹にいれる母。喫茶店手(チョキ)

お肉は、亡くなる少し前までサーロイン

ひれ肉はまずいexclamation×2ちっ(怒った顔)といって食べなかった。exclamation×2

子供におままごとのような感覚で

料理を教えていたとき、るんるんるんるん

「男は台所には立つなexclamation×2

と、孫に言っていた父。わーい(嬉しい顔)

自分は、カレーやすき焼き お魚も七輪で焼いていた。

レストラン父の父の料理は、母より美味しかった。グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

子供たちも

「おじいちゃんのカレーが一番おいしい」ハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)

と言っていた。

とっても嬉しそうだった。揺れるハートるんるんるんるん

また作った。レストラン目

子守りもしてくれた。ハートたち(複数ハート)

雪寒い日には、懐に子供を抱いて丹前に似たような上着を着て

また、おんぶ紐で背中に子供をおんぶしてハートたち(複数ハート)

毎日、何度も散歩に出かけていた。足足ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)

わけのわからない唄をきかせ乍らるんるんるんるんバッド(下向き矢印)

「このほうが子供が暖かいexclamation×2」といって

ベビーカーはつかわなかった。わーい(嬉しい顔)

自分も暖かいexclamation×2わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

当時は、お爺さんが赤ちゃんをおんぶしているなんて

珍しかった。目目

商売で、車(セダン)ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)配達に行くときにも孫を連れて行っていた。

眠い(睡眠)寝る時には、私に唄ってくれていたるんるん

ありえない、子守歌とお話を聞かせていた。がく〜(落胆した顔)

眠い(睡眠)「眠たいよ〜〜 眠たいよ〜〜

〇〇ちゃんが眠たいよ〜〜」

この繰り返し

そして、通常は

カラオケ「昔々、あるところにお爺さんとおばあさんが・・・・」

昔話が始まるのだが

父は

カラオケ「昔、昔、そのまた昔のその昔

まだまだ昔のまだ昔・・ まだまだ昔のまだ昔・・・」

「それから」わーい(嬉しい顔)

と聞いたら耳耳

「もひとつ山超えてた まだ昔 そのまた昔のまだ昔・・・」

「昔」ばかりが繰り返されるわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

「・・・・・・・・・・・・・・・・」

単純な繰り返しにつかれて寝てしまう。眠い(睡眠)眠い(睡眠)

お尻を「ポンポン」と叩きながらなので

結構気持ちがよかった。わーい(嬉しい顔)るんるんるんるん

父の昔話は 「昔・・・昔」ばかりだった。

カラオケ孫もこれを聞かされて大きくなった。耳耳


大根を「でえこ」

鉛筆を「えんぺつ」

包丁を「へいちょう」

牛蒡を「ごんぼう」

孫(私の子供たち)は、おじいちゃんと一緒にいることが多かった。ハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)

この言葉を覚えた。ひらめきわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

お友達に通じなかった。exclamation&questionもうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)


posted by まぁみちゃん at 07:57| Comment(0) | 独り言

2015年09月23日

<ご先祖様>NO23

<ご先祖様> NO23

母はよく

家を建てたときのことを話していた。耳耳

勿論以前にあった家のこと。家

昔は、ローンなんてなかったもうやだ〜(悲しい顔)

三男の父には、土地も家もない。もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)

お金もないもうやだ〜(悲しい顔)

外国航路の船乗りで操舵士をしていた父は船

丘に上がった時(船乗りをやめたとき)

かなりの退職金が出たという。グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

神戸の三宮に土地を買うつもりでいたらしいがわーい(嬉しい顔)

「やめた!」失恋がく〜(落胆した顔)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)

買っていれば良かったのにexclamation×2

買っていたら、ひらめき

お金持ちのブティックぴかぴか(新しい)お嬢さんとして育っていたかもしれなかったのにわーい(嬉しい顔)

カラオケ話が脱線わーい(嬉しい顔)

実家に相談をしたハートたち(複数ハート)

製材をしたものをトラックで持ってきた。ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)

一緒に大工さんもやって来た。わーい(嬉しい顔)

障子や襖も、作ってきていたという。手(チョキ)手(チョキ)

母の父が

持ち山の木(ヒノキ)と

乾燥した木材とを交換したと聞いている。耳耳

母の実家の隣の方に、山縣製材所があった。

山縣一党と呼ばれる 親戚グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

今は 何とか建設と名前が変わっている。

家のお金を払った記憶がないexclamation&questionexclamation&question

と母が言っていた。わーい(嬉しい顔)


当時、児島では 松が多く使われていた。

ヒノキの家は珍しく

数年ヒノキのにおいがたちこめていたらしい。ぴかぴか(新しい)

そういえばトイレトイレの柱まで ヒノキだったが

節がたくさんあった。わーい(嬉しい顔)

「節もんご」だと笑っていた。わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

嫁ぎ先に 井戸がなく お風呂の水などは 

共同井戸に汲みに行かなければならず足足もうやだ〜(悲しい顔)

苦労した。ふらふら

家家を建てたとき

井戸は真っ先に掘ってもらったそうだ。手(チョキ)

草刈りもしたことがなくもうやだ〜(悲しい顔)

見よう見まねで草を刈っていると目目

「この嫁さんは、草を刈ったことがないんじゃなぁ」

と 通りがかりのお爺さんに言われたそうだ。耳耳

坂になっているところだったらしく右斜め下

「反対に刈っとる」

と言われても・・・・もうやだ〜(悲しい顔)

どうしたらいいのか・・・・exclamation&questionexclamation&question

困ったらしい。exclamation


おはぎを作ったから レストラン

倉敷の帽子屋に持って行くように言われた。

倉敷の帽子屋とは

父の姉の嫁ぎ先。ムード

倉敷の商店街にあった。

自転車で、地道をひたすら走った。ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)

帰りには、 大きなバナナの房をお土産にくれた。るんるん

yjimageD0VRPES9.jpg


持って帰るとダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)

小姑が、自分の家族の分を最初に持ち帰った。ちっ(怒った顔)

大勢の家族だったのか?

母の分はなかった。もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)

それからも 何回もバナナを貰って帰ったけれど

食べられなかった。もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)

「途中で、1〜2本位食べてもわからないのに」

と言ったら

「そんなこと思いもせんかった。」わーい(嬉しい顔)

戦時中、食べるものが不足していたときもバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)もうやだ〜(悲しい顔)

少ない米を炊いたら 

小姑が、毎日来て持って帰る。パンチパンチ

思い余って

実家に行き、 子供(私の亡くなった兄)を背中におんぶし

背中と子供の間に、米を隠して持ち帰ったという。手(チョキ)

帰りの汽車で、調べられた。がく〜(落胆した顔)

子供が泣きだしたのでもうやだ〜(悲しい顔)手(チョキ)

何とか免れた。(没収されなくて済んだ)そうだ。exclamation×2

色々と 苦労があったらしい。失恋

母の実家は広大な土地に山もある。ぴかぴか(新しい)

松茸のシーズンなると沢山くれた。グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印) 

トラックが松茸を持ってきてくれる手(チョキ)

割木の卸に児島へも来ていたトラック。

wariki.jpg

七輪で焼いて どんぶりに山盛になったら

食べていた。レストランレストラン

matutake.jpg


松茸だけでお腹いっぱいになった。るんるんるんるん

今思うと、夢のようなお話ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

前田は貧乏だったと

今でも言う。わーい(嬉しい顔)

なぜ?結婚したのかと聞いたら耳耳

結婚の聞き合わせに、父親が来たときダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)

ご先祖様であるぴかぴか(新しい)「児島高徳」ぴかぴか(新しい)のお墓があり

そのうえ、とんでもなく古いお墓がそこらじゅうにあった。目目

古いお墓があるということは

長年この土地に住み着くことができているということ。わーい(嬉しい顔)

悪いことをしていたら、出ていかなければならない。足足

立派なご先祖様だexclamation×2

「児島高徳」のお墓を見て目目

OK!

を出したのだと言った。わーい(嬉しい顔)

父と母とが喧嘩しているのを見たことがない。ムード

貧乏乍らとっても仲がいい夫婦だった。ムード

父が亡くなって9年

父と同じ大正9年生まれの母は、95才。

洗濯物を干したり、取り込んだり

たたんでもくれるし

食器も洗ってくれる。ハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)

今の私が存在するのも

ご先祖様のおかげぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

posted by まぁみちゃん at 08:17| Comment(0) | 独り言

2015年09月22日

<ご先祖様>NO22

るんるんるんるん<ご先祖様> NO22

磐長姫神社(いわながひめじんじゃ)というのが
※このあたりでは、磐神様と言っている。

自宅から歩いて1〜2分のところにある。足足


yjimageMI06XP3U.jpg

あまりにも小さくて 見過ごしてしまいそうだけどわーい(嬉しい顔)

稗田南十字路や稗田十字路から 御前堂方面へ行くと

道路沿いに大きな石とともにあるのが見える。目目

『アンアン』の隣

祭神は、 長寿をもたらすという 

木花開耶媛命(このはなさくやひめ)の姉にあたる

磐長姫(いわながひめ)ぴかぴか(新しい)
 
ひらめきそういえば、この人のこと

聞いたことがある。耳耳

木花開耶媛命(このはなさくやひめ)神社(副南山)の宮司さんの奥様が、 

こんな話を教えてくれていた。(私のお弟子さんでもある)かわいい

(福南山の神社で、木華佐久耶比刀i木花咲耶姫)神社とある。)

yjimageI2CRFU2O.jpg

この名前は木の花(桜や梅など)のように美しい女性ぴかぴか(新しい)という意味で

この神社は 美容、縁結び、安産…と、

キスマーク女子力アップのご利益がある神社のようです。グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)キスマーク

木華佐久耶比唐ヘ、ニニギの妻として三人の神を生んでいます。

その子供の一人、ホオリの孫が初代の天皇である神武天皇ぴかぴか(新しい)

木華佐久耶比唐ヘ初代天皇のヒイおばあちゃんわーい(嬉しい顔)

通称 磐神様で お祭りしている磐長姫は

木花開耶媛命の姉にあたる人。ブティック

天孫瓊瓊杵(ににぎ)尊が、散歩の途中 

美しい女神に出逢い一目ぼれしてしまった。目揺れるハート揺れるハート

早速ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)

姫のお父さんに結婚を申し込んだ。ムード

お父さん(神様)は快諾してくれた。手(チョキ)手(チョキ)

「ヤッター」手(チョキ)と思ったものの揺れるハート揺れるハート

姉の磐長姫も一緒に 嫁いできた。がく〜(落胆した顔)

こんなことあるんだexclamation&questionexclamation&question

姉妹二人そろって 嫁ぐなんてムードムード

ひらめきそういえば

娘が嫁ぐことになった時、

娘のお姑さんに、

カラオケ「いま お嫁さんにもらうと

漏れなくお母さんのぴかぴか(新しい)正美ちゃんが付いてくるダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)という

とってもグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)お得なキャンペーン中なの。」イベント

と言ったら

「そんなのいらない!」exclamation×2

と言われた。もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)

「お お得なんだけど・・・揺れるハート

今だけの キャンペーン・・・イベント揺れるハート

ついでに お父さんも おばあちゃんも

もれなくついてくる・・・足足

グッド(上向き矢印)お得なキャンペーン
真っ最中・・・・・」

「いらないexclamation×2

カラオケ「お得なキャンペーン中!とってもお得な・・・」

「いらない!!」失恋

お得なキャンペーンはぴかぴか(新しい)

あえなく もうやだ〜(悲しい顔)

撃沈した!バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)パンチわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)


カラオケ話は戻って

この磐長姫(いわながひめ)は、

醜い顔つまり もうやだ〜(悲しい顔)不細工だったのでバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)

いりませんexclamationと 返品されてしまったexclamation×2もうやだ〜(悲しい顔)

二人の姫のお父さん神様は

天孫の寿命が 石のようであれと願って嫁がせたのにとパンチパンチ

嘆いたという。もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)

神様だってやきもちを焼いたのだろう失恋

ニニギに目目揺れるハート見初められ揺れるハート

妊娠をした妹を呪った事から、ムード

人の寿命は短くなってしまったとも言われている。もうやだ〜(悲しい顔)

まあ

いつの世も 同じexclamation×2

キスマーク美しいとモテルわよねぇぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)

なぜかこの神社(磐長姫)通称 磐神様(いわがみさま)

本家所有の土地のお隣にある。わーい(嬉しい顔)

醜いほうの御姫様を祭っている。わーい(嬉しい顔)


ひらめきだからなのかexclamation×2

目目はパッチリと ぴかぴか(新しい)色白で

グッド(上向き矢印)鼻は高くて 器量よしぴかぴか(新しい)

とは程遠いのは。真逆!だふらふらバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)

子供の頃、 父から鼻が低いとバッド(下向き矢印)

親指と人差し指で

鼻をつままれていた。もうやだ〜(悲しい顔)

さらに追い打ちをかけるようにちっ(怒った顔)

洗濯バサミを持ち出してきて ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)

鼻を挟まれた。ちっ(怒った顔)ちっ(怒った顔)

自分(父)に似たからなのにexclamation×2ちっ(怒った顔)

母に似れば良かったと何度思ったことかもうやだ〜(悲しい顔)

母の目は、きれいな二重、ぴかぴか(新しい)

色も白いしぴかぴか(新しい) 鼻も父より少しわーい(嬉しい顔)は高かった。グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

父を恨んだexclamation×2ちっ(怒った顔)ちっ(怒った顔)

父が、私に子守歌のように歌っていた歌がある。カラオケ

勿論、父のオリジナルソングるんるんるんるん

るんるん「目はホッソリと 色黒で・・・・・」 と

「もうちっ(怒った顔) また その唄るんるんパンチ 歌わんでexclamation×2ちっ(怒った顔)

と怒っていた私。ちっ(怒った顔)ちっ(怒った顔)パンチ

私も娘に 歌った。カラオケわーい(嬉しい顔)

娘も怒った。ちっ(怒った顔)ちっ(怒った顔)
わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)


磐長姫神社、とってもご利益があるようでぴかぴか(新しい)

私の祖母は 102歳での 大往生だった。ぴかぴか(新しい)ハートたち(複数ハート)

ちなみに 102歳で亡くなったおばあさんのご主人

つまり私のおじいちゃんは、

慶応元年生まれで

[ちょんまげ]を結っていたわーい(嬉しい顔)

と聞いたような気がする。

勿論 私はあったことはない。わーい(嬉しい顔)


102歳で亡くなったおばあちゃんの

下の世話をしたのは 4日間ほど。

元気で長生きするという

ご利益があったのだろう。ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

私にとっては、

美しい姫 ぴかぴか(新しい)木華佐久耶比ぴかぴか(新しい)

ご利益のほうが良かったけれどぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

まあ

仕方がない!もうやだ〜(悲しい顔)

児島小学校の初代

「黒んぼ大賞」の栄冠?ぴかぴか(新しい)に輝いた

私。もうやだ〜(悲しい顔)

木華佐久耶比刀@姫様〜〜

神頼み揺れるハート神頼み揺れるハート

必死に 神頼み揺れるハート揺れるハート

今さらお祈りしても・・・ぴかぴか(新しい)

遅いかexclamation×2

見そめてくれる人は目目揺れるハート

もう

いないだろう・・もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)


posted by まぁみちゃん at 11:11| Comment(0) | 独り言