2018年04月25日

春のいけばな展 NO6

「澤正」さんのぴかぴか(新しい)蕎麦懐石の続き

<小鉢>
更級変わり蕎麦
茗荷と新じゃがのピクルス

DSC_8872.jpg

<揚物>

玉子とベーコンのタルタルコロッケ
野菜のビネグレット和え

DSC_8882.jpg

exclamation&questionこれなんだったっけexclamation&question

すっかり忘れたもうやだ〜(悲しい顔)
一緒に行った先生に聞いたけど
「食べたら忘れた。」
と言っていた。わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

DSC_8887.jpg

<蕎麦>

手打二八蕎麦
※私は最近この暖かいお蕎麦のスープにはまり
 温かい蕎麦をお願いしている。

DSC_8885.jpg

特別に蕎麦がき二種類を持ってきてくれた。

DSC_8888.jpg

DSC_8889.jpg

<御飯>

春牛蒡の炊き込み蕎麦ご飯
赤出汁

DSC_8890.jpg

<菓子>

蕎麦団子の喜界島の糖蜜がけ
そば短冊を添えて

前から見たら
DSC_8891.jpg

後ろから見たら
DSC_8893.jpg

ごちそうさまでした。揺れるハート揺れるハート揺れるハート揺れるハート揺れるハート

新幹線日帰りなので

児島駅から自宅まではいつも代行車(セダン)ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)

岡山駅から児島に着く時刻を代行さんに携帯電話電話したら

「アッ 前田さんですね。
いつもありがとうございます。」

と言われだした。がく〜(落胆した顔)

勿論、家自宅の場所を伝えなくても

自宅に送ってくれる。車(セダン)ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)

自宅に着く時間はいつも

夜中の11時過ぎから12時前くらいの到着

ほぼシンデレラ状態だくつ

ここの奥さんは、よく夜遊びするなぁバービールるんるん

と思われないように、

「会議で京都へ行っていました。懇親会があり

飲んでいるので代行を・・・」

こんなしょうもない会話をしていたけれど

「今日も会議ですかexclamation&question

と最近は聞かれだしたので

へんに取り繕ったような話をしなくていい。わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

それにしても

観光シーズンの京都は、

ホテルに空きがない上に

ネットでやっと見つけたとおもったら

素泊まりで2〜3万はざらだ

到底、ホテル私が泊まれる金額ではない。もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)

ここ数年は日帰り新幹線ばかりしているけれど

疲れる。バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)


posted by まぁみちゃん at 19:15| Comment(0) | 日記

2018年04月24日

春のいけばな展 NO5

「澤正」さんのお茶室へ通され

最初にお願したのが

天吹 ぴんくれいでぃ 

という 日本酒

ロゼ色の日本酒だぴかぴか(新しい)

DSC_8863.jpg

DSC_8860.jpg

以前、香りと飲み口の良さに感動したお酒だ。グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

香りのよさは花酵母で作られているから。わーい(嬉しい顔)

※「いちご、月下美人、なでしこの花から抽出された酵母」

ロゼ色の秘密は

古代米の「黒米」

この「アントシアニン」系の色素は、

血管を保護して動脈硬化を予防してくれ

その上、老化や発ガンの抑制に関係する

抗菌化作用が認められているという。

そして

八寸が運ばれてきた。

DSC_8865.jpg

ひらめきそうそう

4月は 「夢咲月」

ぴかぴか(新しい)澤正さんの造語もひときわだぴかぴか(新しい)

<八寸>

〇新じゃがと苺の和のスープ
〇春人参・三つ葉・海老のお浸し
〇新玉ねぎとレタスの白和え
〇わけぎと生姜と椎茸の甘酢
〇蕎麦パンのカナッペ
〇蒟蒻の含め焼き
〇春野菜の蕎麦衣揚げ

澤正さんの「和のスープ」は絶品グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

そして、おすすめのお酒を追加した。手(チョキ)

この徳利は、お酒を注ぐときに

鳥が鳴くようなさえずり耳が聞こえる耳耳

DSC_8869.jpg


そしてぐい飲みは

丸いところから吸うように飲むと

これまた

鳥のさえずり耳耳が聞こえる

DSC_8876.jpg

<温鉢>

竹の子まんじゅうと若布の蕎麦餡仕立て

DSC_8871.jpg

タイムリミットなのでもうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)

続きます。わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)
posted by まぁみちゃん at 21:18| Comment(0) | 日記

2018年04月20日

春のいけばな展 NO4

ここはどこの国なのかexclamation×2exclamation×2と思うような京都

いす会議に出て、レストランランチして、

ぴかぴか(新しい)いけばなキスマーク拝見して目目

懐かしい友達に会って揺れるハート喫茶店

蕎麦懐石の澤正さんへと向かった。車(セダン)ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)

先日のブログにアップした

澤正さんの桜は

1522230270681.jpg

すっかり葉桜となり

DSC_8846.jpg


咲かけていた桃は


1522231357190.jpg

盛りを過ぎていいるものの

美しさを維持していた。

DSC_8855.jpg

狭い石段を登り足足

DSC_8848.jpg

澤正さんへ到着

DSC_8853.jpg

DSC_8854.jpg

DSC_8851.jpg


玄関には

DSC_8857.jpg

DSC_8858.jpg

ぴかぴか(新しい)片岡仁左衛門さんの色紙が新しく加わっていた。

DSC_8859.jpg

そして ぴかぴか(新しい)坪内稔典さんの色紙がある

有名な俳句の一つに

「たんぽぽのぽぽのあたりが火事ですよ」

なんていうのがあるわーい(嬉しい顔)

たんぽぽのぽぽってどこexclamation&question

と思った。わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

そして

ぴかぴか(新しい)谷川俊太郎さんの色紙も

DSC_8895.jpg
目
素晴らしい煙草入れを裏返してみたら

唐草模様が描かれていた。わーい(嬉しい顔)

いくら私でも、勿論断ってから裏返した。わーい(嬉しい顔)
わーい(嬉しい顔)DSC_8896.jpg

衝立(ついたて)も素晴らしい

写真が・・・カメラバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)もうやだ〜(悲しい顔)

DSC_8897.jpg

初代が作られたものらしく

同じものを2作つくり

1作は御所にあるとかぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

アプローチからお庭そして玄関までも

見どころがいっぱいぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

私ごときが入れるようなところではない

茶室に通された。グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)手(チョキ)

いつも申し訳なく思いながら

御茶室での会食を堪能させてもらっている。揺れるハート

続きますわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)
posted by まぁみちゃん at 21:00| Comment(0) | 日記